スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クロスケVSウサギ
 夜寝る前に、クロスケをケージから出したときのこと。クロスケはいつものように、バッタに反応して飛び跳ね、カエルを見つけると鼻でクンクンしながらしていたが、殺すことはしないので放っておいた。

 裏庭にまわると、また何か見つけたらしい。どうせカエルだろうと思ったら、なんとぴょんぴょんすばしこく跳ね回るウサギだった。「ウサギ!?」と一瞬頭の中が?になったが、私が「クロスケ!」と呼びかける前に、クロスケはウサギを追って猛ダッシュ! 呼んでも聞く耳持たない。

 ウサギも必死で逃げるが、クロスケにとっては勝手知ったる自分の庭。いつもスリヤンガと競争しているコースなので、走り慣れている。断然クロスケのほうが有利。が、あともう一歩でキャッチというところで、ピョーンとウサギが高く跳ね上がり、塀を越えて隣の土地へ飛び降りた。

 クロスケは塀に足をかけて見下ろすが、もうウサギの姿はない。残念、クロスケ。「いつも魚ばかりだから、たまには肉も良かったのにね」とクロスケに言うと、スリヤンガはホッとした様子で、「よかった、よかった」と胸をなで下ろしていた。

 それにしても、自分の庭で「犬が野ウサギを追いかける」ことがあるとは、さすがスリランカ。最近我が家のまわりでは、大トカゲやマングース、サルはもちろん、クジャクやジャッカルまでも見かけるようになった。クロスケも大忙しだ。

10/09. 00:00 [ 未分類 ] CM9. TB0 . TOP ▲
クロスケの術
 来月に満一歳となるクロスケ。最近急に聞き分けがよくなり、大人になってきた。嬉しいときにははしゃぎまわるが、自分がどう振舞えばいいかわかってきたようだ。

 番犬として人が来ると吠えるが、「大丈夫な人」とわかると吠えないし、飛び掛らんばかりにいつまでも吠えていた数ヶ月前とは大違い。ただ面白いのが、私があまり好きじゃない人が来た場合、何回も来ているのにきまって最初は吠えること。私が歓迎していない雰囲気がわかるんだろうか。

 ところで、クロスケのケージからはギリギリ、ダイニングテーブルに座っているスリヤンガが見える(私の席は見えない)。私たちが食事をしているときは静かにしているが、終わる頃になるときちんとお座りをして「いい子」アピール。ちょうどスリヤンガはクロスケと向かい合う形なので、おのずと「いい子なクロスケ」が見えるわけだ。食事が終われば遊んでもらえることをわかった上でのアピール。

  写真は、スリヤンガの席から見えるクロスケの姿。ココヤシが邪魔しているが、半分だけクロスケの顔が見える。この真面目なお座りを見ると、けな気でかわいいのでついついケージから出して遊んでしまう。まさにクロスケの術にはまっている親バカのスリヤンガと私。

7-9-28クロスケいい子アピール
 「ここにいい子がいますよ!」と、
 体半分でもきちんとアピール







09/28. 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
クロスケとカエル
 「バディ、お願い!」とスリヤンガのか細い声。何かと見に行ってみれば、15センチほどのカエルがいる。スリヤンガはカエルが大の苦手。見るのも嫌なほど。

 ちょうどクロスケを庭に出しているときだったので、もし見つかったら大変。面白がってパクっとするに決まっている。仕方なく、私がシャベルの上にのせて隣の土地に放り投げた。

 ところが、しばらくたって裏庭の小さな穴に、同じカエルがいるのを発見。ちょうどすっぽり体をおさめて顔だけ見える。この時もクロスケを遊ばせていたので、何とか見つからないようにしてたが、走り回っているときにとうとうカエルを見つけてしまった。

 「クロスケ、こっちにおいで」と呼んでも、カエルのほうに興味があるのか動かない。鼻先をカエルに近づけて、クンクンにおいをかいでいる。カエルのほうはじっとしてて動かない。

 穴は小さくてクロスケが口を入れられる大きさではないから、安心してそのようすを見ることにする。クロスケの鼻先がだんだんカエルに近づいて、ときどきカエルに触れる。そうするとカエルが目を閉じて、クロスケの鼻先の動きにあわせて揺れるのがなんとも言えず面白い。

 しばらくしてクロスケはあきたのか、どこかへ行ってしまった。カエルが穴から這い出すのを待って、再び隣の土地に放り投げる。塀を乗り越えられるわけないから、どうやって我が家の敷地内に来たのか謎だが、お願いだからもう来ないで。

7-8-12クロスケ 7-8-12カエル
 左:カエルを見つけるクロスケ
 右:穴の中のカエル。これってヒキガエル?このへんではあまり見かけない種類


08/12. 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
クロスケの芸 その1
 食いしん坊のクロスケ。食べ物を持っていると、目がキラリと光り、ただのお座りも背中がピンと伸びて、いつもとは違う。そろそろ他のことも教えてみようと思い立ち、まずは基本中の基本「握手」にした。

 午前中に1回目。お座りをさせ、私が「握手」と言いながらクロスケの右前足を持ち上げる。何度か繰り返すが、「握手」の意味はわからないみたい。そして、夕方。さっきと同じように「握手」と言うと、左前足がピクッピクッと上に持ち上がった。

 右じゃなくて左だけど、できてる!クロスケの前足をしっかりと握り締め、「いい子」と頭をなでると、得意げな顔。何回か繰り返すと、しっかりできるようになった。さすがクロスケ。食べ物がもらえるとなると気合が違う。

 試しに私ではなくて、スリヤンガもやってみたが、ちゃんとできている。ほんの数回で覚えるとは驚き。次は何を教えようかな…。

7-7-27クロスケ握手
 しっかりカメラ目線のクロスケ。
 でもなぜかいつも左足


07/27. 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
シャワーの後のごほうび
 今日は雨がまったく降りそうにない青空が、朝から広がっている。文句なしのクロスケ・シャワー日和だ。

 クロスケは1週間ほど前から、首のまわりが赤くなってかゆそうにしているので、ドクターに診せたところ、4日に1度シャワーをして、その後薬を塗るように言われた。

 もともとは水遊びが好きなクロスケ。ホースで芝生に水撒きをしていると、わざと水の前を横切ったり、ホースから直接水を飲んだりと、いつもおおはしゃぎする。

 でも、自分が洗われる立場となると、そんなに嬉しくはないみたい。一応、水をかけられて、シャンプーを泡立て洗われているときはおとなしくしているけど、「早く終わってくれ」という顔をしている。このシャンプーはかゆい箇所をよくもみこむようにマッサージするので、ちょっと時間がかかってしまう。

 ようやくマッサージが終わると、水で泡をよく流してシャワー終了。クロスケはブルブルと体を震わせて水を切るけど、なにしろ毛が長いのでなかなか乾かない。そこでいつもスリヤンガがタオルで体をふいてあげている。

 クロスケは小さいころからタオルで遊ぶのが大好きなので、このときが楽しくて仕方がない。しかも相手は普段クロスケが遊びたくても、あまり遊んでくれないスリヤンガ。ここぞとばかりにじゃれて遊んでいる。

 クロスケの毛が早く乾くよう、炎天下の中で遊ぶので、スリヤンガは汗びっしょり。すぐにへばった。仕方なく交代し、私もクロスケと走り回る。「しまった!日焼け止めも何もつけてない!」と思ってももう遅い…。

7-7-15クロスケシャワー後
 シャワーの後遊ぶ、スリヤンガとクロスケ

07/15. 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
クロスケの近況
 最近日記では登場していなかったクロスケだが、すくすくと成長している。今8ヶ月を過ぎたところなので、人間で言うと小学校低学年くらい。垂れていた右耳もなんとか立つようになり、鳴き声も大人っぽくなってきた。 

 門の近くのケージにいるので、誰かが来るとワンワン吠えて、ちゃんと番犬の役目を果たしている。あとは自分のご飯タイム。きっちりその時間になるとワンワン鳴いて知らせるのにはびっくり。

 私たちが日本に行っている間は、アンマとマッリが世話をしてくれてたのだが、多分クロスケがワンワン鳴くとご飯をもらったり、外に出して遊んでもらっていたのだろう。以前はしなかったのに、何か欲しいものがあったり、外に出たいとワンワン鳴くようになってしまっていた。

 しかし、私たちはそんなに甘くない。いくらワンワン鳴いても、クーンクーン甘えた声を出しても無視。逆にあまりうるさいと怒られるので、やっと最近は「要求ワンワン」はなくなってきた。

 クロスケの1日のスケジュールはだいたい決まっていて、朝6時半に外に出てトイレに行った後、ミルクタイム(私たちも紅茶を飲む)。その後ちょっと遊んで7時半に朝食。午前は2回くらいトイレを兼ねて外に出し、昼食は12時半。午後は昼寝をして、夕方日がかげってから思いっきり遊ばせる。そして、19時半に夕食。就寝。

 最近はジャンプが得意なので、フリスビーやボールを飛んでキャッチするのもできるようになった。追いかけっこでは、スリヤンガと二人がかりで捕まえようとするが無理。早くてとても追いつかない。でも、私たちが疲れて追いかけるのをやめると、わざとすれすれのところまで来て、捕まえさせようとするのがかわいい。

 まだまだ成長が楽しみなクロスケ。そのうち海に連れて行ってみようと思っている。

7-7-11クロスケ決めポーズ 7-7-11クロスケかみかみ

写真左:クロスケの決めポーズ。でもちょっと横座り…
写真右:ココナツの表皮をカミカミするのがお気に入り

子犬のころから、このポーズ(左)をすると、「かわいい!」とほめられたからだろう。何か欲しいときには決まってこのポーズ。でも、本当にかわいいから思わず頭をなでなでしちゃうんだけど…

●クロスケの好きなもの
食べ物ならなんでも。大根の葉っぱすら嬉しそうに食べる。肉、魚類はもちろんだが、ウァーワラ(ココナツの実)やフルーツも大好き!


07/11. 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
モモの話
 モモを我が家に置いておけなくなったので、モモが生まれた家に預かってもらっている。

 先週のこと。クロスケとモモを出しているときに人がやってきて、ゲートを開けてしまい、驚いたモモが外に飛び出してしまった。ちょうどそこを通りかかった小さい子どもを連れた親子に、モモはジャンプして飛びついてしまった。

 もともとモモはまだまだ子どもで落ち着きがなく、すぐに興奮してしまって飛び跳ねる。嬉しいだけなので、攻撃して咬むのとは全然違う。でもそれは犬好きの人ならわかるけど、身体は成犬なみの犬が走って飛びついてきたら、特にスリランカ人なら誰もが怖いだろう。

 モモはじゃれるつもりだったんだけど、相手は怖がり転倒してしまった。幸い怪我はなかったけど、「すみません」だけではすまない。家の前を通る人にとって、ゲートが閉まっていても、犬のほえる声が聞こえれば怖いだろうし、まして一回でも外に出てきて飛びついたとあれば、もっと怖い。

 とりあえず、モモを生家に連れて行った。ここの飼い主さんはとてもいいおじさんで、「いいよ」とふたつ返事で引き受けてくれた。モモ自身3ヶ月近くまでここで育ち、モモのお母さん犬と兄弟2匹がいるので、あまりさみしくないだろう。

 1週間がたった。モモがどうしているか見に行きたいけど、私たちの姿を見せるのは良くないだろうと思って、おじさんから話を聞くだけにしている。最初の日はときどき、切ない声でワンワンほえてたけど、今は兄弟犬と仲良く遊んでいるそう。良かった。

04/25. 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
のんびりの一日
 ちょっと仕事がひと段落して、今日は家で一日を過ごす。新居に移って最初は落ち着かなかったクロススケ&モモも、新しい生活のリズムに慣れてきたよう。トイレの世話が少なくなったので、とても楽になった。

 あまりにもトイレが近いので病気なのではと心配したクロスケだったが、外のケージに入れたらモモと同じサイクルでするようになった。家の中だと、トイレトレーの上にすると褒めてもらえるので、小出しにしていたらしい。まったく!

 最近は、家の外を数十メートルほどだが、散歩をしている。まだまだ子どもなので、外に出れるとなると、ものすごいはしゃぎぶり。コントロールするのが難しい。

 家の中にいたときは「そんなんで番犬になれるのか?」というほど誰にでもフレンドリーだったのに、外に出ると道を通る人に、クロスケがワンワン吠えるのにはびっくり。モモは知らん顔してるが、クロスケは今にも飛びかからんばかり。

 子犬といっても、そこらへんの野良犬の成犬と同じくらいの大きさなので、吠えられると皆ビクビクしているのがわかる。一般的にスリランカ人は、野良犬は気にしないが、「大きな犬は怖い」人が多い。あ~あ、これじゃ「あの家の犬は気が荒くて怖い!」と、たちまち噂になるだろうなあ。スリヤンガは「それでこそ番犬!」と喜んでいるが、こんなにかわいい犬たちが怖い犬と思われるなんて!私の気持ちはかなり複雑。

 まだ外に出て2、3日だから、犬たちも緊張しているのだろうと思う。早く慣れてちょうだい。

7-3-19kuro7-3-19momo

新居にもだいぶ慣れたようす

03/19. 00:00 [ 未分類 ] CM6. TB0 . TOP ▲
お引越し
 いよいよクロスケ&モモのお引越し。外のケージは朝のうちに水を流して洗っておく。9時50分。水入れを置き、引越し後すぐにあげるようミルクを用意する。10時のオウスピシャス・タイムに向けての準備は万端。

 10時。まずクロスケを連れて行く。外に出れるとあって大喜びのクロスケ。外のケージに入れてもまだ意味がわからないよう。大好きなミルクをもらってすっかりご機嫌。続いてモモ。モモはものすごく嫌がる。ケージに入れミルクを飲ませ、落ち着くかと思いきや、なんと、無理やりパイプの間を通ろうとし、お尻がつっかえながらも出てきてしまう。

 仕方なく、大きめの板を前面においてふさぎ、ブロックで倒れないよう固定する。そこへジャンプしてでも、なんとかして外へ出ようとするモモ。何回かそれで板が倒れ外へ出てきてしまったので、より頑丈にするためブロックを重ねる。でもこれって、ご飯をあげるときやモモを外に出すたびに、いちいち動かさなきゃならない。は~。早くモモ大きくなって!

 そして、なんだかいつもと違うと気が付いたクロスケ。ワンワン鳴き始める。その声を聞いてモモも鳴き始め、前から後ろからワンワン大合唱。うちは向かいも左隣も空き地で人が住んでいる家はちょっと離れているし、近所の人も子犬がいるって知っているので(というか野良犬もしょっちゅう吠えているし)、ワンワン鳴いても自分たちがうるさいだけだが、これがもし日本だったらと考えるとぞっとする。絶対近所から苦情からくるはず。

 12時をすぎてお昼ご飯を食べても、普段ならお昼寝なのに2匹とも寝ないでワンワンワンワン。日中は暑いので、夕方になったら庭に出して遊んであげようと思っていたのに、3時頃にモクモクと黒い雲が近づいてきて雷とともに土砂降りに。かわいそうにクロスケとモモは、雨の音にかき消されながらも鳴き続けている。

 5時過ぎに雨は上がったがこれでは全身泥まみれになってしまうので外遊びはなし。今日は夕ご飯食べて早めに寝ようね。

03/15. 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
家はまだ?
 今月から作り始めたクロスケ&モモの家、途中休みが入ったり、私たちが留守にしてりしてて作るのがストップしてたので、まだ出来上がっていない。ようやく昨日、タイルを貼り終わったので、一部外壁のプラスター塗りがまだだけどなんとか住める形になった。

 「じゃ明日にでも外に移そうか」と言ったら、「ちょっと待って。いつがいいかタータに聞いてるから」とスリヤンガ。「まさか!」と思ったら、タータがメモをくれた。『3月15日 午前10時~11時』。星占いによるいい日といい時間だ。

 「えっ!犬の引越しというか、外のケージに移すだけなのに」とびっくりしたが、「いやいや、いい時間に引越しなさい」とタータとアンマ。というわけで、引越しは木曜日と決まった。

 もうすでに今のケージが窮屈で、特にクロスケは「出してよ」とうるさい。ケージの近くを通ると、写真のように立ち上がってワンワン言う。あと2日たったら、大きい家だからちょっと待っててね。

7-3-13kurosuke

 確かに小さいよね。ごめんクロスケ…


03/13. 00:00 [ 未分類 ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。