ゴキブリ退治
 この時期にだけ咲くピンクの花、キリディーシャ(別名マクラタ)。可憐な姿から想像できないが、実は毒をもつ花だという。そのため、ゴキブリやネズミの出そうなところに花を置いておくと、来ないという。

 昨夜23時すぎ、すでにスリヤンガと犬たちは熟睡している。ひとりでパソコンに向かっていると、外からブーンと巨大なゴキブリが飛んできた。外からというのは、我が家の窓の上には欄間(らんま)のようなスペースがあるので、そこから入ってきたらしい。

 確かに高温多湿の気候条件だから、ゴキブリがたくさんいても不思議じゃないけど、なぜか今までほとんど見たことがなかった。それなのに何も食べ物がないオフィスルームに入ってくるなんて…。

 いつもならスリヤンガを起こすところだが、今日は昼間忙しかったので疲れているだろう。ゴキブリで起こすのはかわいそうなので、必死でほうきで押さえて外へ掃き出した。我が家では無用な殺生をしないように、スリヤンガの希望で殺虫スプレーは置いていない。

 そんなことがあったので、すぐにキリディーシャを採ってくるようスリヤンガに頼む。面白いのが、花を採ってから必要な場所に置くまで、口をきいてはならないとのこと。もし口をきくと効果がなくなってしまうという。

 そういえばカラピンチャの株をもらってきて我が家の庭に植えたときも、黙って植えるとよく育つと言われた。この「いわれ」、どこからきているのだろう。スリランカ人の「ねたみ」と関係があるのだろうか。

7-3-3キリディーシャ
 キリディーシャの花。食べちゃダメ
スポンサーサイト


  
コメント

私のスリランカでのニックネームがカラポッタ・タミール語でゴキちゃんのことです。彼らから見るとセッカチなんでしょうね、一緒にいた友人がコックローチのようなんて言ったので、それ以来その名前がついたのです。
日本には無いですよね、日本の台所でもあまり見なくなりましたが。
ねたみ・・非常に困ります。スリランカに行き、友人の家で食事をするのですが、他の人達も俺の所にはいつ来るの(食事です)行かないと怒るのです。他の人よりも自分がしたのレベルと思ってしまうのです。本当に困ります
---------- のぐちです. URL│03/07. 19:28 [ 編集 ] -----

のぐちさん
ニックネームが「ゴキちゃん」なんですか!?シンハラ語では「キャラポッタ」といいます。でもスリランカではあまり嫌われてないみたいですね。女の子でも「キャー」なんて言わずに、ほうきでささっと掃き出してたのにはびっくりしました。
「ねたみ」といえば、それが原因で、大の大人がケンカ状態だったりするのには驚きました。でもスリランカ人と付き合うのでしたら、「ねたみ」には神経を使う必要がありますね。私たちもねたまれないよう気をつけています(笑)。
---------- Reiko. URL│03/10. 01:40 [ 編集 ] -----

Riko様
はじめまして。こんんちわ。ぼんすけと申します。
今年の2月の終わりにスリランカに旅行に行ってすっかり魅了されました。行く前には、「スリランカに恋して」を参考にさせてもらい、大変助かりました。戻ってきてからも改めて読んだりしております。
ちょうどゴキブリのことが載っていたので思わずコメントです。私もゴールででっかいゴキブリと格闘しましたー。あまりにデカいし、飛ぶしびっくりです。スリランカの生活ぶり、楽しそうであり、のんびりもしてて心温まります。
私もブログに旅行記をUPしてるので、もしお時間があれば見てください。容量が多いので、そちらで見れるといいのですが...。何せ10日分くらい(笑)写真が一杯なんで。
これからもちょいちょい訪問します。よろしくお願いします。
---------- ぼんすけ. URL│03/31. 17:13 [ 編集 ] -----

ぼんすけさん
はじめまして。ブログの旅行記、拝見しました。私も最初のスリランカ旅行は、ツアー4日+ひとりでバックパッカー2週間だったので、「そうそう」と懐かしく思いながら読んでいました。
問題の「ごきぶり」ですが、高温多湿ですので私はもっとたくさんいるのじゃないかと思うのですが、実はほとんど見かけません。しかし、たまに飛んでくるのが、巨大かつ動きが遅いので、よけい怖いです。
---------- Reiko. URL│04/02. 02:30 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/99-65ad78b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)