FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レジデンスビザの更新
 明日の地方議会選挙を控え、昨日今日と娘たちの学校が休みになったので、私のレジデンスビザを更新しにコロンボに行った。出入国管理局は、昨年プンチボレッラからバッタラムラへ移転したのだが、実際に行くのは初めて。

 出入国管理局の建物の正面入口から入ると、本館はパスポートのセクションなので、その建物を通り抜け、隣りの建物の4階へ。この別館の4階がビザ手続きのフロアとなる。建物はもちろん新しいが、看板などの案内表示がなくわかりにくいのと、フロアが広くなった分、手続きのたびにあっちに行ったり、こっちに行ったりしないとならないのが少々面倒。ただ、ビザ受付の女性はとても感じが良くて親切だった。

 ビザ用の写真撮影は同じフロアでできるが、コピー機はなく、必要な場合は一度下まで降りて、本館まで行かないとならないので大変。必要書類はコピーを含めて、あらかじめ用意しておいたほうがいい。

 私のレジデンスビザは2年ごとの更新で、今年15年目。スリランカは残念ながら永住ビザはないので、今回も更新手続きになる。必要書類は以下のとおり。

  1)申請書
  2)写真一枚
  3)パスポートコピー
  4)配偶者パスポートコピー
  5)婚姻証明書コピー
  6)配偶者レター


 申請書は出入国管理局のウェブサイトでダウンロードできる。配偶者レターは、書式は自由なので、A4の紙に、配偶者名で「婚姻生活を続けている」といった内容を書き、サインをしてもらえばOK。

■手続きのながれ

(1)4階に上がったら、まずはCセクションへ。必要書類とパスポートを用意し、受付で確認してもらい、番号の紙をもらう。ビザ受け取りまでこの番号で管理されるので、紙をなくさないように注意。

(2)Cセクション内のカウンターに、番号が表示されたら書類を提出し、スキャンしてもらう。

(3)同じフロアのBセクションに移動。番号が表示されたら、コントローラーの部屋に入り、書類とパスポートを渡す。ここで事実の確認など簡単な質問がある。要望があればここで頼むこと。

(4)さきほどのCセクションに戻り、受け取りカウンター近くで、番号が呼ばれるのを待つ。ここにも番号を表示するボードがあったが、壊れていたのか担当者が大声で番号を呼んでいた。

*スリランカ人の配偶者を持つ外国人のレジデンスビザは無料なので上記の流れだが、費用が必要なビザの場合、受け取り前に別のカウンターで料金を支払う必要がある。

 私は知り合いの担当者がいたため、すぐに受け取ることができたが、通常は2~3時間はかかりそうな雰囲気だった。同じフロアに軽食を売るお店はある。トイレもあるがドアに「スタッフのみ」と書かれていた。でも皆そこを使っていた。

 ついでに先日更新した葵の日本のパスポートに、スリランカの国籍を持っていることを証明するスタンプを押してもらった。美咲のときは、古いパスポートのコピーだけで簡単に手続きができたが、今回は申請書を書き、写真を貼るように言われた。

 私のビザ更新の申請手続きと一緒に、葵の書類も出したので正確な手続き内容はわからないが、コントローラーのサインは必要なので、かかる時間はビザ申請と変わらないかもしれない。

 ちなみに、私のレジデンスビザは、以前はスタンプが押され、ビザ番号や日付が手書きされたものだったが、今回は写真を取り込み必要なデーターがすべて出力されたものに変わっていた。これでビザ番号のファイルから該当書類を探す手間が省けるわけで、スタッフが慣れれば処理時間が以前より短くなるだろう。と、2年後に向けて期待する。

(注意: 上記の記事は2018年2月9日申請時に書かれたものです。最新の情報は出入国管理局でご確認ください)


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 

スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/812-365938ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。