スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


盆踊り大会 in コロンボ 2017
 昨年、バングラデシュで起きたテロの影響で中止になり、2年ぶりに開催された盆踊りが7月15日(土)にあり、参加してきた。そのようすを。

 今年は今までよりセキュリティを厳しくするので招待状がないと入れないと聞き、事前に手に入れておいた。招待状1枚につき5名まで入場可で、手元に7枚あったので最大35名まで参加できる。毎年一緒に参加している友人ファミリー(スリランカ人)のほか、前から行きたいと言っていた友人たちに声をかけたら、「私も!私も!」と手が挙がり、結局我が家を入れて6家族、30名あまりで参加することになった。

 スリヤンガは「日本酒を飲むから」と運転を放棄。ヒッカドゥワ、ゴールからは4家族行くので、一台のバンで一緒に行くことにした。時間厳守と言ってたのに、案の定ゴール組が遅れて、我が家を45分遅れで出発したが、思ったよりコロンボ市内の道路は流れていて、予定通りの時間にコロンボに住む友人宅に到着した。そこで美咲と葵を浴衣に着替えさせ、盆踊り大会開場時間の18時ちょっと前には会場に着いた。忘れないようにと何度も確認して持ってきた招待状はまったく見せる必要がなく、普通に入れた。

17-7bonodoria.jpg

髪型は「編み込みにしてアップに」という娘たちからのリクエスト。
葵の髪の長さはぎりぎり。なんとかまとまった。


 顔見知りの人に会い、挨拶をしながら会場を歩く。前回よりもお店が増えて、スペースも広くなったので、そんなに並ぶことなく買えた。目当ての生ビールもあり、1杯250ルピー。ただ、料理は量が少なく高かった。小さな焼き鳥2本、焼きそばちょっとが250ルピー、カキ氷300ルピー。ローカル食堂で、ライス&カレー(カレー4~5種。魚orチキンカレー含む)が200ルピー前後で食べられることを考えると、完全にお祭り料金。昔はもっと良心的な値段で、せっかくの場なので日本料理を楽しんでもらおうといったお店/主催者側の好意が感じられたが、今は完全にビジネスの場となっているなという印象。

 美咲と葵が楽しみにしている金魚すくいは1回100ルピー。金魚は、今までは和金だったが、今年は琉金になっていた。和金より重い琉金は難易度高し。スリランカの気候では、すぐに藻が繁殖し、水槽の掃除が大変なので、我が家では魚は飼わないということになっているが(←スリヤンガが絶対に水槽掃除はしないと宣言している)、もし金魚すくいですくえたらそれは飼ってもよしと言ってあったので、娘たちは今年こそ金魚を連れて帰ると張り切っていたのだ。

 「水面近くのを狙え」「コーナーに追い込め」とアドバイスするも、まったく聞いていない二人。水槽に対して金魚の数がだいぶ少なくて、なかなか難しい(水槽がもっと浅くて小さいと子供がやりやすいと思う)。のんびり美咲と豪快な葵、予想通り一匹も採れず終了。残念!(内心ホッ) その後、アンパンやたい焼きを買い、生ビールを飲みながら焼き鳥をつまみ腹ごしらえ。

 盆踊りは18時半過ぎに始まり、「東京音頭」と「炭坑節」がかかった。毎年一緒に来ているスリランカ人家族はすぐに踊りに行こうと言う。今年は娘たちも大人の輪に加わった。さすが踊り好きなスリランカ人。スリランカの音楽とはだいぶリズムが違うが、すぐに真似して踊っている。子供向けには、「アンパンマンのテーマ」と「おどるポンポコリン」。曲が始まると、娘たちはすぐにやぐらに上がり、楽しそうに踊っていた。

 最初のアナウンスでは、子供向けの曲は確か2回と言っていたが、この日は1回だけだった。娘たちは踊り足りなかったようす。いつも2回やっていたのになぜ? 時間はあったのに。あと残念だったのは、最後のお楽しみ抽選会がなかったこと。会場入り口で配っていたうちわには番号がふられていたので、いつもどおりあると思っていたのに、いつの間にか終わっていたという感じ。年々、日系企業は増えているだろうに、スポンサーが集まらなかったのだろうか。まあ、なにかしら大人の事情があるのだろうけど、来年は頑張って盛り上がる盆踊りにして欲しいなあ。

 帰りのバンでは、子供はもちろん、日本酒や生ビールを飲んだ大人も爆睡。気づいたら家だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/803-3ecfcb9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。