葵、初のフラワーガール
 数ヶ月前から頼まれていた結婚式でのフラワーガールズ。美咲はこれで5回目だが、葵は初めて。早朝から着付け、写真撮影をし、披露宴会場で夕方までというハードスケジュールを考えると、私としてはできるなら辞退したいところなのだが、お祝い事なのでそれもなかなか難しい。葵は単純に、きれいなドレスが着られると喜んでいたが…。

 結婚するのは、スリヤンガの従兄弟の娘。スリヤンガの実家のある村の人なので、もちろん顔は知っているが、個人的な付き合いはまったくない。事前のドレスや靴の採寸もサイズ合わせも、向こうから何も言ってこなくて、心配になってこちらから聞いたほど。当日の着付け場所も時間も前日まで連絡なしという、結婚式だというのにスリランカらしいいい加減さ。

 ドレスが着られる日を楽しみにしていた葵だが、2日前から熱を出し、欠席させようか迷っていた。スリヤンガはその日の夜から日本に行くことになっていて、私一人のときに悪化したら大変だしというのもあった。が、微熱はあるものの本人が行くというので、披露宴前の写真撮影だけ行き、披露宴は欠席することにした。

 最初、着付け場所に4時集合と言われたが、美咲と葵なんてドレスを着てアクセサリーを付けるだけ。私でもできるので10分あれば十分。写真撮影に行く時間を聞くと、明るくなる6時からというので、5時45分に着くように家を出た。着付けの場所はゴールなので、それでも5時過ぎには家を出ないとならない。


 着付けのようす。スタッフは5人いた

 到着すると、すでに花嫁さんやブライドメイドたちの着付け&メイクはほとんど終わっていた。美咲たちをさっと着替えさせ、頭に飾りを付けてもらう。と、すかさずメイクをし始めた。「メイクはリップだけ」と言ったが、「ちょっとだけ」と、どんどん顔にピンクが塗られていく。本人たちは嬉しそうだが、全然ちょっとではなく、ものすごい厚化粧のフラワーガールズができあがった。

15-5wedding1.gif

 最近のゴールエリアの人気撮影スポットは、なんといってもゴール・フォート。どこで撮っても絵になる。この日だけでも10組以上のカップルが写真撮影を行っていた。

 写真撮影はほとんどカップルのみなので、美咲と葵は待機、待機。2時間の撮影で、参加したのはほんの数カットだけ。眠いし、お腹空くしと、ちっともにっこり笑わないフラワーガールズだったが、雨も降らずいい写真が撮れたもよう。本当ならそこから披露宴会場に行かないとならないのだが、私たちは失礼させてもらった。葵の熱のおかげ!と、一人胸の中で「サンキュ」とつぶやいたのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/747-98637a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)