ウェサック祭り2015
 今年のウェサック祭りは、ちょうど日本のゴールデンウィークにあたり、スリヤンガもガイドとしてツアーに出てしまったので、その前後は私が学校/幼稚園の送り迎えをしなければならず、バタバタと過ごしてしまった。本当はゆっくりと家に飾るランタンも作りたかったのだが、前日に慌てて作る始末。しかも作っても設置する人(=スリヤンガ)がおらず、飾るのはウェサック翌日になってしまったというオチつき。

15-5-19vesak3.gif
慎重にランタンの骨組みに紙を貼っていく美咲

 でも今年は嬉しいことに、近所に住む友人と娘たちが手伝ってくれたので、おしゃべりしながらの楽しいランタン作りとなった。ランタンの骨組みは買ってあったので、紙を切って貼るだけの作業。だが、紙が柔らかいので切るのが難しく、思ったより時間がかかる。作ったのはふたつ。色は葵が選んだ黄色と黄緑。切り絵はまだ娘たちには難しいので、お寺や菩提樹などの絵を描いたものを貼った(完成品の写真は撮り忘れ!)。

 美咲の学校、葵の幼稚園でもそれぞれウェサック祭り前の金曜日には、ランタンを飾ったり、お寺にお参りに行ったらしい。学校、幼稚園ともキリスト教系ではあるのだが、仏教という宗教を超えた年中行事になっているのかも。確かに、町のお祭りのようすを見に、仏教徒以外の人も来ているようだし。

 幼稚園では親同伴でのウェッサク行事があった。前々日に、先生から親は白いサリーを着るようにと言われ、6年も前に作って一度着たのがあるのを思い出し、引っ張り出して着た。ブラウスが着られるか心配だったが、なんとか入った。私は白いサリー、美咲は白いワンピース、葵はラマイ・サーリと、基本どおりの服装で行ったら、皆白い服は着ているものの、サリーを着ていたお母さんは3割くらい。なんだ私もシャツとパンツで行けば良かった。美咲の学校は厳しくて、校内はサリー以外で入ってはいけないので、すっかりその気分でいたが、幼稚園はそこまで厳しくはないらしい。


持っていったランタンは白一色のシンプルなもの

 この日の行事はまずホールでお坊さんの説教を聞き、庭に持ち寄ったランタンを飾り、その後アイスクリームのダンサラがあって終了。しかし、最初の説教が長くて、その後用事のあった私たちはアイスクリームを食べずに帰らなければならなかった。

 幼稚園児も一緒にホールの床に座って聞いている状態で、2時間近くも(つまらない)話をして、飽きないほうがおかしい。それなのに子供を叱ったりして。もっと話をまとめて、30分で中身のつまった話をしろよ!と、心の中でそのお坊さんに毒づいていたのは内緒。

15-5-19vesak2.gif
色とりどりのウェサック・クードゥワ。
つい色を使いたくなるけど、個人的には白一色のが好き


 5月4日の夜には、ゴールの町にウェサックの飾りを見に行った。街中はすごく渋滞していて、賑わっていたが、仕掛けランタンもたいしたことなく、さらっと見て帰った。なんだかあっという間にウェサックの連休も終わり、5日からは学校/幼稚園もあり、普段どおりの日常に戻ったのだった。

 一年中暑くて、日本のように四季の変化はないが、こういった年中行事があると、ああウェサックの季節になったんだなあと実感するのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 




スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/746-2320ac45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)