スリランカでの子育ていろいろ
 美咲を幼稚園に通わせていた頃、幼稚園でも簡単なシンハラ語の読み書きや、足し算や引き算などを教えてくれていたが、宿題以外は特に家で教えることはなかった。でもすごくローカルな幼稚園だったにもかかわらず、ほとんどの家は親が教えているらしく、卒園時のテストでは満点という子もいて驚いた。そんな感じで、スリランカ人の親は教育熱心な人が多い。

 美咲は今年の1月から一年生だが、日本だとまた幼稚園の年長組。入学は来年の四月からというタイミングなので、本人がやりたいのならともかく、親が強要して勉強させるのはやめようと思っている。今、シンハラ語の読み書きを習っているが、シンハラ語より日本語のほうが得意なので、他の子に比べると苦戦中。本人は、ひらがなの書き方をやりたいと言うが、先にシンハラ語を覚えてしまおうねと言い聞かせている。

 今のところは、宿題以外の勉強は放置の我が家だが、小さいときから続けているのが寝る前の本の読み聞かせ。二人とも楽しみにしていて、いつも美咲と葵が一冊ずつ持ち寄り、じゃんけんをして勝ったほうの本から順番に、読むことにしている。

 私は小さい頃から外遊びが大好きだったが、近所の仲のいい子が本が大好きで、その子の影響で本を読むようになったという。それからは本の世界にはまり、小学生の頃から図書館で片っ端から本を借りてきて読んでいた。こっそり親の本も読んでいたので、小学生のくせにけっこう難しい本も読んでいたと思う。そのおかげで、国語のテストは勉強する必要がなかった(古典と漢語は別として)。漢字も学校で勉強というよりは、読書で覚えていた気がする。

 だから、読書さえすれば、特に日本語の勉強はしなくてもいいんじゃないかと思っているので、娘たちには本好きになって欲しいのだ。スリランカでたくさんの日本語の本を読むというのは難しいけど、できるだけ好きな本を選べるように本だけはケチらず、買おうと思っている。
 
14-9-14guri.gif

 先日、ゴールの本屋でシンハラ語に翻訳された「ぐりとぐら」を見つけた。ぐりとぐらシリーズは、私も大好きでよく読んだ絵本のひとつ。さっそく買ったはいいものの、やっぱり日本語で読みたい。特に、ぐりとぐらが歌うフレーズは日本語でなくちゃ調子が出ない。そこで、ネットで読み聞かせの動画を探し、聞き取りをして書き起こした。そんなわけで、我が家の「ぐりとぐら」にはシンハラ語と日本語が書いてあって、私とスリヤンガどちらが読んでもいいようになっている。

14-9-14guri2.gif
14-9-14guri1.gif
 大きなたまごを見つけたり、ふんわりカステラが顔を出す場面

 最近、色に興味が出てきた娘たち。好きなように色を使って欲しいと思うが、スリランカでは色選びが厳しいという印象がある。例えば、イチゴなら赤、バナナなら黄色といった、常識的な色使いをしないとだめで、七色のリンゴを描いたらゼロ点といった感じ。幼児向けの塗り絵を買うと、左ページは白地の絵、右ページは色がついた同じ絵がプリントされていて、右ページを見ながら同じ色に塗りなさいという感じで、実につまらない。これでは、子供たちならではの自由な発想や独自な色遣いを、追いやってしまう。

 そんなスリランカの教育方針とは関係なく、我が家では好きなように色選びをさせたいと思っている。この日は、これもいつもやりたがるお菓子作りを兼ねてと、クッキーの生地から作り、好きな型で抜き、焼いた。そしてその上に、食紅で色をつけたアイシングで飾りつけ。お友達のLちゃん姉妹と一緒に楽しく作った。粉砂糖をライム汁で溶いたアイシングは思いのほかおいしくて、クッキー自体もおいしく出来上がった。

 この日は生地作りから始めたので、アイシングの時間が少なくなってしまったが、次回は私が生地を作って薄く延ばして冷蔵庫で冷やしておき、型抜きから始めるようにして、もっとアイシングでの色遊びを楽しめるようにしようと思う。

14-10-6icing.gif
 アイシングはピンクと黄緑。ただ塗るだけでもポップでかわいい

 続いて、絵の具でのお絵かき。葵も描くことを考えると、家でやるには私が横で見てないとならない。なので、普段はクレヨンや色えんぴつを使うことが多いのだが、先日、毎月第一日曜日に開かれるゴールフォートのマーケットで、素焼きのお皿やポットにペイントするコーナーがあったので、ちょうどいいと参加した。

 二人ともかなり真剣な顔つきで、花形の小さなお皿と、美咲は貯金箱、葵は小さなポットに色を塗っていた。色を混ぜてしまうと、どれも茶色っぽいくすんだ色になってしまうので、特に葵には、混ぜると茶色くなっちゃうよと、色を替えるときには筆をきれいに洗うように言ったのだが、小さなバケツに筆を入れてパチャパチャするのも楽しいらしく、結果的にきれいに色を塗れていた。

14-10-6painting.gif
 二人とも集中して真剣な顔で色を塗っていた

 そして、スイミングについて。一ヶ月ほど前に、ゴールでドイツ人夫婦が経営しているプールに行き、美咲は初めて45分のレッスンを受けた。足がつかない深さのプールで、アームリングと腰に浮くのをつけ、延々と泳がされる。奥さんのほうがプールサイドで指導するのだが、けっこう厳しい。それ以後、誘ってもレッスンは嫌だと言うので、昨日は友人のホテルのプールに遊びに行って来た。

 今までは水に顔をつけるのは数秒が限度だったのに、水中メガネをつけたせいもあるかもしれないが、ちゃんと体を浮かすまで顔を水につけることができたのには驚いた。しかも2時間近く遊ぶうちに数メートルだが泳げるようになっていた。すごい進歩!

14-10-6swimming1.gif 14-10-6swimming2.gif

 実は、水中メガネをつけない葵のほうが、長く水の中に顔をつけていられるのだが、それは内緒。褒めるとものすごく頑張る美咲のために、スリヤンガと二人で褒めちぎったので、本人もすごくやる気になったよう。もうじきヒッカドゥワも海のシーズンに入るが、今年はシュノーケリングができそう。

14-10-6swimming.gif
 葵は水中でも余裕顔

 昨日は、ライフジャケットを着せて水の中に落とし、上を向いて浮く練習もしたので、今年はホエール・ウォッチングにも連れて行こうと思う。私もスリヤンガも水泳はあまり得意じゃないので、娘たちには水を怖がらず、マリンスポーツを楽しめるようになって欲しいのだ。

■ご参考までに
ゴールのスイミングスクール情報。(2014年10月)
サセックス学校の近く、ワクウェラRdから丘をのぼったSports Centre Galle。
ドイツ人夫婦がオーナー兼コーチ。競技用25mプール有。エントランスフィー1h150ルピー、子供のプライベートレッスン100ルピー(45m)と良心的な料金。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

「ぐりとぐら」 シンハラ語で読むと、少し印象が違って感じちゃいます。
まだまだ柔軟性のある娘さん達ふたりは、どう感じてるんでしょうか?

水中写真が素敵ですね。
活発で行動的な葵ちゃんと、ちょっと慎重派の美咲ちゃん。
僕も、美咲ちゃんは「褒めて伸びる」タイプのような気がします。
会えた時には、いいところ見つけてたくさん褒めてあげたいと思います(笑)

これからの成長の過程で、それぞれの個性が良い方向へ伸びていくのが楽しみです。
---------- Saranankara. URL│10/08. 01:48 [ 編集 ] -----
スイミング
マンツーマンレッスンならコーチが一緒にプールに入るのが基本だと思っていました。ドイツ人コーチは厳しいんですね。まだまだ楽しく遊びながら泳ぐことが優先される年齢ですので美咲ちゃんが行きたがらないのもなんとなくわかる。水中カメラの写真、上手に水慣れしてるじゃないですかー。二人目はほっといても何でも出来るー!www
---------- あーちゃん. URL│10/08. 11:27 [ 編集 ] -----

Saranankaraさん

実は、「ぐりとぐら」のシンハラ語版はまだ聞いたことがないのです。
読み聞かせが苦手なスリヤンガは、なるべく逃げようとするので、
必然的に私が日本語で読んでばかりいます…。

水中でも撮れるカメラ、とってもいいです。
海の中で撮るのが楽しみです。
少々扱いが雑でも壊れないというのは、いいですね。

美咲はかなり自信がついたようなので、このままおだてて
水泳好きにもっていこうと思っています。
---------- Reiko. URL│10/11. 14:18 [ 編集 ] -----

あーちゃんさん

私も足がつかない子供をプールに入れて、先生はプールサイドというのに、
びっくりしました。イギリスでもこの話を聞いたことがあるので、ヨーロッパ式なのでしょうか!?

美咲の性格にはスパルタ過ぎたようなので、しばらくは私がついて、
遊ぶのを重視で水に慣れさせようと思います。
自分でちゃんと泳ぎたくなったら行きたいと言うかもしれませんし。

ビーチに近いというのに、海にはシーズン中数回という感じなので、
今年はもう少し通おうと思います!
---------- Reiko. URL│10/11. 14:22 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/727-6d597394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)