スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シーニガマ・ペラヘラ祭り 2014
 今年は、雨季といっても雨が少ないなあと思っていたら、10月に入って連日、雨、雨、雨…。ときおり晴れるけど、降るときはまさにバケツをひっくり返したような土砂降りで、雷が鳴ることもしばしば。スリランカでは、ここ数日で落雷で亡くなった方が数名。雷が鳴っているときに携帯を使うのは危ないことを再確認。気をつけなくては。

 ところで、もう1ヶ月ほど前になるが、シーニガマ・ペラヘラ祭りで写真をいっぱい撮ったので紹介しておこうと思う。お祭りを主催している寺院は、ヒッカドゥワから2キロほど北のゴールロード沿いにあり、沖合いの小さな島に寺院、浜にデーワーレ(神殿)がある。ここは面白い寺院で、泥棒探しの願掛けで有名なのだが、その話は長くなるのでまたにしてペラヘラ祭りのようすをリポートしよう。

 毎年3日間にわたって行われ、1日目の昼間はシーニガマからコロンボ方面へ、2日目の昼間はシーニガマからヒッカドゥワ方面へ、3日目は夜に行列が出る。ヒッカドゥワだと人が多くてゆっくり見るのが難しいので、今回は1日目に見ることにし、ちょうどツナミホンガンジの仏像の前で行列を待つことにした。

 始まる30分ほど前に、急に空が黒い雲におおわれスコールが。でも空を見ると、その雲だけで他は明るいので、傘をさしてやり過ごす。ペラヘラが始まる頃にはパラパラという程度にほとんど止んで、地面が濡れて涼しくなり、逆に良かった。今回は、今までに比べてペラヘラの規模が大きくなっていて、衣装もばっちり揃えてあって、きれいにまとまっていた。
  
14-9-1perahera2.gif
 スリランカの国旗と仏旗。白は仏教徒の正装の色

14-9-1perahera3.gif
 仏旗の五色の衣装に身を包んだ女性たち。とても華やか

14-9-1perahera.gif
 もちろん象も参加

14-9-1perahera1.gif
 珍しく馬も。左奥に見えるのがツナミホンガンジの仏像

 この道は国道で、コロンボと南部をつなぐメインロードなわけだが、ペラヘラが通る2時間近くを片道車線にし、下り方面は内陸の道を使うように誘導していた。行列は1時間半ほど続き、ローカルなペラヘラとしてはかなり見ごたえがあった。


 ダンサーたちの衣装がどれもきれいだった

14-9-1perahera6.gif
 個人的にはバティックの衣装や旗が好み。子供たちもたくさん参加していた

 歴史上の人物の仮装もあった。下記は、4世紀に、インドからスリランカへ「仏歯」を持ってきたカリンガ国の王女ヘーマ・マーラとその夫ダンタ。大切な仏歯は彼女のまとめた髪の毛の中に隠していたと言われる。スリランカ人が見ればすぐに誰だかわかる、重要なキャラクターだ。 *某ガイドブックでは、「カリンガの王子が、頭髪の中に隠してセイロンに持ち込み」となっているが、「王女」の間違いだと思われる。
 
14-9-1perahera5.gif
 手前が王女へーマ・マーラ。仏歯を隠した頭は光っていたと言われている

14-9-1perahera8.gif
 仏舎利塔をのせた象

14-9-1perahera9.gif
 ペラヘラには欠かせないドラマーやダンサーたちも
14-9-1perahera7.gif

14-9-1perahera11.gif
 美咲たちが大好きなデビルダンスのキャラクターの一人「サル・パーリヤ」

 これでひとまず今年のペラヘラは終わり。実を言うと、私もう何度も見ているので「もういいや」という感じなのだが、まだまだ娘たちが飽きる気配はない。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/725-add61b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。