バラピティア・マードゥ川でのボートサファリ
 もう1ヶ月近く前の話だけど、バラピティア・マードゥ川でのボートサファリを紹介しよう。

 バラピティアはヒッカドゥワから車で45分ほど。ベントタよりも近いので、ボートサファリを希望されるお客様はこちらに案内することが多い。ボートはもちろんエンジン付き。ボートの大きさとコース内容によって料金が変わる。スリランカ人観光客は、「大丈夫?沈まない?」と心配になるくらいの、明らかに定員オーバーな状態で走っているが、普通は12人乗り程度。

 河口近くからスタートなので流れはまったくなく、頭がぶつかりそうな低い高架をいくつか通り抜けると、川というより大きな湖といった感じのところに出る。川岸にはときどき民家も見えるが、ほとんどがジャングル。サルの群れや魚を狙うタカを見かけるくらいでのどかな風景。川の深さは数メートルとそんなに深くないので、沐浴がてら川遊びをしている地元の若者の姿を見かける。

14-8-30boatsafari.gif
 地元の人はこんなボートでのんびりと移動


 原始的なエビの仕掛け漁

14-8-30boatsafari6.gif
 水上カデ(商店)

14-8-30boatsafari4.gif
 マングローブの林を抜けたりもする

 マードゥ川の河口近くには、大小60を超える島があって、無人島もあれば、学校もあり電気も通っている大きな島もある。ボートツアーではだいたい、シナモンを作っている島に上陸して、シナモンの木からシナモンを削り取って乾かす工程や、ココヤシの葉の編み方、ココナツの繊維でのロープ作りなどを見せてもらう。他に、希望者は仏教寺院のある島にも上陸できるけど、ここのお坊さんたちは数千単位の寄付を強要するので要注意。

14-8-30boatsafari8.gif 14-8-30boatsafari2.gif
左:フィッシュマッサージってこんな大きい魚使うの? 右:ワニ飼いたいと言われても…

 美咲と葵が楽しみにしていたのは、フィッシュマッサージとワニの赤ちゃん。希望すると連れて行ってもらえる。去年カンボジアでフィッシュマッサージにチャレンジしたのに、全然魚が寄ってこなくてショックを受けていた美咲。今回は、ココナツの殻に魚のエサをもらって足元に落としているから、そりゃあもう、魚がバシャバシャ跳ねるほど寄ってきていた。本人は満足していたけど、マッサージじゃない別のアクティビティになっていた。葵は水まで足が届かず…。

 ワニの赤ちゃんは2ヶ月前に比べ、確実に大きくなっていた。この調子だと、こうやって近くで見られるのはあと数ヶ月だろうか。美咲はワニの口を開けようとして、係のお兄さんに怒られていた。さすがスリランカ育ち。美咲も葵もワニには全然動ぜず。余裕で抱っこしていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

先日、バラピティヤのホテルに宿泊した際に直ぐ側からボートサファリの船が出ていましたが、気象条件が悪く体験することが出来ませんでした。
とても楽しそうですね!7年前に一度だけ体験したことが有ったのですが、こんなに楽しい感じではなかったような。。。是非、また体験してみたいと記事を拝見していて思いました。

それから、美咲ちゃんは勇気がありますね!!!!
私は先日、ゴールの小さな川を手漕ぎの小舟で移動中にワニの赤ちゃんと遭遇し、怖過ぎて気絶しそうになりました(笑)。
---------- Lanka Style. URL│09/26. 00:52 [ 編集 ] -----

Lanka Styleさん

ジャングルの中で暮らしている身としては、まったく目新しい景色ではないのですが、
日本人のお客様にはとても新鮮に感じられるようで、楽しんでいただけています。
以前と内容はあまり変わりませんが(フィッシュマッサージは新しいですね!)、
料金もそんなにかかりませんし、スリランカの自然が楽しめるアクティビティだと思います。

娘たち、私の爬虫類好きが似たのか、全然こわがりません。
それよりヘビを見かけても近くに寄っていくので、困ってしまいます(笑)。
---------- Reiko. URL│09/26. 22:24 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/723-2255a086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)