盆踊り大会 in コロンボ 2014
 ヌワラエリヤの続きの前に、先週末の盆踊り大会について書いておこう。
 毎年、美咲と葵が楽しみにしているコロンボでの盆踊り大会。今年は、日本からのお客様Yさんと、コロンボに住むスリランカ人友人ファミリーと、総勢10名で出かけた。

 開場時間の18時ちょっと前に着くと、もう入り口はいっぱい。まだ18時になっていないので開場待ち。待っている人は、スリランカ人6:日本人4といった割合だったが、日本に関わりのあるスリランカ人が多いせいか、ちゃんと列を作って待っていた。


盆踊り会場入り口。開場時間前だったので、しばらく待つ

 会場に入り、テーブルと人数分のイスを確保したところで、盆踊りが始まる前に、「金魚すくい」を見に行く。昨年、まったく金魚にかすりもしなかった美咲は、「今年こそ!」と意気込んでいた。「魚を飼いたい」と言う美咲に、「魚は水槽の掃除が大変だから、自分で全部世話ができるまで飼うのはダメ」と言ってあったが、「もし金魚すくいで採れたら、その魚は飼ってもいい」という約束をしていたのだ。

14-7-19kingyo.jpg
 今年は葵も一緒にチャレンジ! どの金魚を狙う?

 優柔不断な美咲を尻目に、果敢に水の中にポイを入れる葵。
14-7-19aoi1.jpg
 そして、金魚よりも、水に濡れたポイの紙が気になり…
14-7-19aoi2.jpg
 あっという間に指で穴を開けてしまった。葵、終了…。
14-7-19aoi3.jpg

 実はこの金魚すくいの場所が生ビールサーバーの横だったので、生ビール片手に美咲のようすをビデオに撮っていたのだが、ちびちび飲んでたビールが空になっても、ウダウダと金魚を見ているだけで一向に採ろうとしない美咲。その横で、葵は金魚を入れるためのカップを水に入れバシャバシャとやり始め、美咲は「金魚が逃げちゃった!」というような状況。結局美咲は、今年も金魚にかすりもしなかった。

 さて、子供用の盆踊りの曲がかかると、食べていたものもそのままに、やぐらに向かって駆けていく美咲と葵。そんなに踊りが好きなのか?!と驚くほどのダッシュぶり。美咲を真似するので、2テンポほど遅れた振りにはなっていたが、美咲と一緒に葵も、実に楽しそうに踊っていた。

14-7-19bonodori2.jpg
 「おどるポンポコリン」のピーヒャラポーヒャーと笛を吹く振りだが、葵だけずれてるな

14-7-19bonodori3.jpg
 踊り好きなスリランカ人。盆踊りも楽しそうに踊っていた

14-7-19bonodori4.jpg
 葵はカキ氷、美咲は焼きとうもろこし、私は生ビール…

 残念ながら最後のお楽しみ抽選会では当たらなかったが、今年も「日本の夏祭り」を楽しませていただいた。来年こそ、私も浴衣を着ていきたいな。

 ただ気になったのが、出店の値段が年々高くなっていて、以前は「日本食をこんな値段で食べられるなんて」というお得感があったのだが、今は「日本のお祭りと同じでかなり高いな」という印象。「日本ばし」のカキ氷、焼きトウモロコシ、焼き鳥2本、日本茶パックが入った750mlのミネラルウォーター、(量は多くない)焼きそば、お好み焼きがそれぞれ200ルピー。「銀座ほうせん」は海老天巻きがとってもおいしそうだったけど、小さいのがふたつで300ルピー!断念した。

 しかも、日本ばしの店員、かなり態度悪かった。焼き鳥はその場で焼いているので、待ち時間が長いのだが、ずらっと並んでいても平気で横入りするスリランカ人がいたので、私が注意した。そのやり取りを店員は聞いているのに、平気でそのスリランカ人に先に渡していた。しかも、「昨年、中がちょっと生だったからよく焼いて」と言ったら明らかに面倒くさそうな態度をし、5チケット(1000ルピー分)10本の焼き鳥のうち先に5本を渡し、ちょっと待っててと言って後から渡したのには4本しか入ってなかった。「1本足りないよ」と言って、もう1本入れてもらったが、謝りもせず逆に不機嫌そうな態度をされた。

 それと気になったのが、生ビールの味。あれ、本当にライオンラガーだろうか? 普段スリランカでビールは年に数回しか飲まないので、確信は持てなかったが、味があまりなくて、しかもアルコール分も少なかった気がする。サーバーは「ライオン」のロゴが入っていたが、中身は違ったんじゃないかと思った。ビール好きのあの方々がいらっしゃればわかったのに…。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/716-63ac281d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)