スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


湿潤治療
 慎重派の美咲は、たまに転んで擦り傷を作ることはあっても、決して無茶はしないので怪我をしない。外を飛び回って年がら年中怪我をしていた私の幼少時代とは大違い。ところが、葵は母親タイプのよう。動きが激しいので、しくじると確実に怪我をする。


13-11-28aoi1.jpg
転んだ翌日。テープは気になるらしいが、痛みはまったくなし

 昨日、庭でリキも一緒に、みんなでかけっこをして遊んでいたときのこと、テラスに座っていた私を目指して、リキ、美咲、葵の順でゴールしたのだが、葵がゴール間際で思いっきり転んだ。芝生だし大丈夫と思っていたら、運悪くあごがテラスの角にぶつかり、1センチくらいパカッと切れてしまった。

 そんなに深くもなく、血もすぐ止まったので、あえて病院に連れて行くほどではないと判断し、とりあえず水道水で洗った。ここで普通なら消毒、ガーゼ、テープとなるが、前から試してみようと思っていた湿潤治療にすることにした。手当ては簡単、乾燥を防ぐため傷に白色ワセリンを塗り、ラップをしてテープで止めるだけ。

 興味があるかたは、「湿潤治療」で検索していただくとして、「今までの切り傷、擦り傷の手当てはなんだったの?」と思うほど、逆の発想が必要。下記が全部間違いだなんて、常識と思っていたことが覆されるとかなり刺激的だ。

× 傷は消毒しないと化膿する
× 傷は乾燥させる(濡らしてはいけない)
× かさぶたができるのは傷が治りかけている証拠

 まだ一日しか経っていないが、痛みはなく、傷はふさがってきているようす。シャワーのたびに、はがして、ラップを新しく貼りなおしているだけで、もちろん消毒は一切していない。シャワーのときには、子供だと気をつけていても水がかかるし、アゴなので食事のときにこぼして汚したりするので、「濡らさないように」気をつけるとなるとかなりストレスだが、それも気にしなくていいのでとても楽。

 これから我が家はこの治療法でいこう。ただ、化膿したら迷わず病院へ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

いいですねー。

ぼちぼち私の周りでも、
試す人が増えてきました。

湿潤療法用のばんそうこうも、
ドラッグストアで売っていたりします。
---------- みーふー. URL│12/10. 11:28 [ 編集 ] -----

みーふーさん

もともと2歳の子が持っている回復力なのかもしれませんが、
けっこうパカッと切れていたのに、3日で傷は完全にふさがりました。

ただ、暑いスリランカだと、テープの部分が汗に反応してかゆくなるみたいで、
本人が嫌がるのが難点です。
本当はもう数日貼っておいたほうが良かったのでしょうが、
3日で取ってしまいました。

いつも日本ではしみない消毒液を買っていましたが、
(ちなみにスリランカのはすごくしみます。私も自分に使いたくないほどです)
次回は湿潤療法用のばんそうこうを買ってこようと思っています。
---------- Reiko. URL│12/12. 03:36 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/686-4d1afc0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。