スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アルガムベイに行く1
 先日治療した歯が、まだ違和感があって強く噛むと痛むので、そろりそろりとご飯を食べているが全然おいしく感じない。改めて歯の大切さを感じているが、この治療がうまくいかないと最悪抜歯ということもあり得るので、うまくいくように願っているところ。次の治療は二週間後なので、それまでにうまく炎症が治まってくれればいいのだが。

 ところで、すぐに書こうと思いつつそのままになっていた、アルガムベイについて記録しておこうと思う。行ったのは10月初めなので、もう1ヶ月も経ってしまった。私たちの住む西南海岸がオフシーズンとなる5月から10月に、アルガムベイなどの東海岸はシーズンとなるので、サーフィンをするにはそろそろシーズン終わりという頃。

 ヒッカドゥワからは海岸沿いの国道を走り、ティッサマハラーマからカタラガマに抜けて、モナラーガラを通り、アルガムベイに到着。およそ8時間の道のり。今回は日本人の友人、TくんとKさんも一緒に、総勢大人6名子供2名で出かけた。

 雨が多く、緑の深いヒッカドゥワから出かけると、ティッサマハラーマ以東は随分と乾燥して見える。アルガムベイに着くと、15時過ぎだというのに、まだまだ強い日差しが照りつける。暑い。乾季のヒッカドゥワよりも暑く感じた。

 アルガムベイは、いいサーフィンポインがあり、コロンボからは10時間近くと遠いが、内戦が終わって平和になってから人が集まるようになった。ただ需要に比べホテルの数が少ないので、ホテルは常に満室状態。質に比べると料金は割高に感じる。この日も部屋はほとんど埋まっていたが、友人のホテルに連絡してあったので、なんとか部屋を確保できた。

13-10-20steps.jpg
 足跡をつけるのが楽しい by葵

 ホテルは、Mambo's surf cafe。部屋はコテージでいかにもビーチリゾートらしい作り。私たちの友人でもあるアーティストのニハールのデザイン。いくつかグレードがあるので、部屋を見て決めるといい。お湯は出なかったが、エアコンが効いてきれいな部屋だった。ただ食事はあまり期待しないほうがいいかも。

13-10-21mambo2.gif
 コテージごとにテラスもあってくつろげる
13-10-20mambo1.gif
 ビーチリゾート気分を満喫できるレストランとバー

 このビーチのレストランが木がいっぱいでいい雰囲気。美咲はハンモックに、私は卓球台に反応。まさかココヤシの下で卓球ができるとは思わなかった。ほろ酔い気分でのんびり打ち合う卓球は楽しかった。他に、スラックラインがあって、スリヤンガがはまり、庭に作ろうとまで言っていた。サーフィンのバランス・トレーニングに最適らしい。二本の木に結ばれたベルトを歩くだけだが難しい。私は1mも進めなかった。

 サーフィンをしない私たちだったが、海も楽しんだ。アルガムベイのビーチは遠浅で、海に向かうと右から左に波がくる。まるで波のプールみたい。子供たちが背の届く浅いところで、十分波を楽しめるので、私たちも安心。浮き輪でぷかぷか浮いた美咲と葵と一緒に、「波が来るぞ~!」とはしゃいだ。

 昼間出かけた遺跡のレポートは次回にすることにして、もうひとつ象の話題を。以前ヤーラでおねだりゾウが出現と書いたが、ティッサマハラーマからカタラガマを通って北上する国道沿いにも、おねだりゾウがいた。ヤーラ国立公園近くなので、周囲はジャングル。野生の象を見かけるのも珍しくないエリアだが、この象は日中、国道沿いに立ち、通る車やトゥクトゥクに鼻を伸ばして「何かない?」と催促する。



13-10-20banana.jpg

 通る人たちも慣れたもので、バナナを用意してあってさっとあげていく。何もない人はそのまま通り過ぎて行く。野生の象とは思えない至近距離だが、危険は感じない。カタラガマにお参りする人が通るので、余計にあげる人が多いのだと思う。仏教徒にとっては布施行だし、ヒンドゥー教徒にとっては象は神様のひとり。善行になるのだろうけど、この象、ここでバナナばっかりもらって食べていたら、体調がおかしくなるんじゃないかと心配になった。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

これから、訪れやすくなりそうですが、東海岸は、なかなか行けないですね。ブログに書いてもらうと、「ああ、行けるんだ」みたいな感じです。手つかずの自然海岸や自然保護区はスゴク魅了的です。
いつか、行ってみたいです。
砂浜の足跡写真、好きだな~、いい感じ。夕方の日差しも印象的です。
 一つ前の歯医者の記事は、読むだけで痛そうです(笑)。
治療がうまくいくことを祈っています。
---------- KaluGanga. URL│11/08. 05:08 [ 編集 ] -----

KaluGangaさん

東海岸、時間があればぜひ行ってみてください。
遠いのが難点ですが、だからこそ人が少ないわけで、
まだまだ素朴な感じが残っていて、のんびりできます。

時間がかかるだけで、道はきれいなので、そんなに疲れないと思うのですが、
スリランカ生活が長い私の感覚だとあまり当てになりませんね(笑)。

歯医者は…、というより医療は、できれば日本で受けたいのですが、
これも仕方ありませんね。ありがとうございます。
なんとかうまくいくといいなと思っているのですが。
---------- Reiko. URL│11/10. 03:24 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/684-31e799a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。