「ランドゥーガ・コンサート」を聴きに行く
 8月17日の「ランドゥーガ・コンサート」を聴きに出かけた。この日もいいお天気。真っ青な空と真っ白な仏塔を背景に、色鮮やかな布が目にまぶしい。この日は、日本大使ご夫妻がご臨席される予定で、ご到着されたときに美咲から花を手渡して欲しいと頼まれていたので、30分前に会場となるルーマッサラのピース・パゴダに到着。ご夫妻には、美咲と一緒に葵もちゃんと花をお渡しし、ぬかずいて合掌することができた。ホッとする。

 開演に先立ち、仏教、ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教と、それぞれの神仏にささげる歌やポエムが披露され、僧侶や祭司による挨拶があり、「ピース・パゴダ」での「民族の融合」をうたったコンサートにふさわしい始まりだった。

 コンサートは、ピアノ、シタール、クラリネット、コントラバス、タブラ他の打楽器と、歌声を組み合わせて、数名ずつでパートを組み、披露していくスタイル。プロの音楽家に交じり、そのへんにいるようなおじいちゃんや女の子が参加していて、緊張のため声が出なかったり、前に立つタイミングを間違えたりしているのも、アットホームな雰囲気で良かった。ヒンドゥーの歌をうたった女の子がきれいな声で上手だったのと、掛け合いの歌なのに自分のパートを歌われてしまって怒っていたおじいちゃんのしどろもどろな歌が、私の中では楽しかった。

13-8-17randooga.gif
 佐藤允彦氏のリードのもと、音楽を作り上げていく

 始まった頃はまだ観客はちらほらいる程度だったが、どんどんと人が増え、終わる頃には400人以上いただろうと思う。音を聞いて集まってきた近隣の人たちや、ポスターを見てきたウナワトゥナ滞在のリゾート客など、いろんな人が来ていた。スリランカ人にも、なじみのある歌やメロディーが多かったのと、次々とパートが変わるので変化があって面白かったのだと思う。皆とても熱心に聴いていた。

 わが娘たちは、リズムのいい音楽が流れると体がムズムズ。ちょっと空いたスペースなら踊っていいよと自由にさせていたが、美咲がしきりに自分もステージに上がりたいと言い、隙あらば行ってしまいそうになるのには困った。私は、踊り好きなスリランカ人のこと、他にも踊り出す人がいるんじゃないかと思っていたが、ざっと見たところいなかった。

13-8-17randooga3.gif

13-8-17randooga2.gif

 コンサートが終わったのはもうあたりがだいぶ暗くなった19時近く。2時間以上聴いていたわけだが、楽しくてあっという間に感じた。もし次回があるなら、私もぜひ参加したいなあ。関係者の皆様、素敵な時間をありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/673-af063172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)