スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冠婚葬祭の嵐2
 7月は忙しかった。来客が多かったというのもあるが、葵が「魔の二歳児・イヤイヤ期」に突入したのが大きい気がする。とにかくなんでも「やだ」と言い、逃げるのでつかまえるのが大変。日中、思い出したように何度も「アンマ、抱っこ」もしくは「おんぶ」と来るし、相手にしないと泣く。今まであまり泣き声を聞かなかっただけに、これがけっこうこたえる。

 しかも、先月私が2週間あまり留守にしたのが尾を引いていて、「アンマじゃなきゃイヤ!」なのが困る。機嫌が悪いと、スリヤンガも拒否するくらい。夜寝るときもちゃんと寝付くまで隣にいないとダメだし、とにかく手がかかる。今までで一番手がかかっている。といった感じで、一層あっという間にこの1ヶ月が過ぎ去ってしまった。結婚式はもう1ヶ月以上も前の話。が続きなので、以下書き綴ろうと思う。

  *  *  *

 2つのダーナが無事終わって、続いては結婚式。プンチアンマ(スリヤンガの母方の叔母)の長女の結婚式が6月27日、ホームカミング・パーティーが29日に予定されていた。

 アンマはこの叔母と二人姉妹だから、仕方がないといえば仕方ないが、この叔母夫妻、金銭的な援助を含めてけっこう色んなことを私たちに求めてくる。この結婚式に至るまでの過程に、いささかうんざりしていた私はなんとかホームカミングには出ずに済ませたいと思っていたがかなわず。2日とも片道3時間半をかけて出席したのだった。

 まず、27日の結婚式。叔母の家から会場まで、新婦をうちの車で運ぶことになった。結婚式の式次第は、星占いによって分単位で時間が決まっている。1分たりとも遅れるわけにはいかない。会場に着いていないとならない時間から逆算すると、我が家の出発は午前5時半になる。

 4時に起きてミルクティーを飲んでから準備スタート。シャワーを浴びてすぐに着替え。本当はサリーを着ようかなと思っていたが、移動が長いのと、走り回るであろう娘たちを追いかけることを考え、パンジャビードレスにした。これが正解。会場内で過ごした時間は約8時間。その間子供たちは走り回っていたので、私もその後を追いかけ動きっぱなし。動きにくいサリーじゃなくて良かった。

 この日の式次第は、通常のポールワーセレモニーを行う結婚式と同じ。午前中にポールワーセレモニー、指輪の交換、キリバトゥを食べ、ジュースを飲み、昼食を食べ、ケーキカットをし、ケーキとバナナとアイスコーヒーを飲んでおしまい。これが朝の9時から16時過ぎまでかかる。

 スリランカの結婚式といえば、100名~200名の招待客といった規模のパーティーが一般的だが、この日は、かなり招待客を絞り込み、双方合わせて50名くらいの小規模のパーティーと聞いていた。ところが、当日になって新婦側の親戚(父親の兄弟や従姉妹)が12名も欠席。100名くらいいればそんなに目立たないが、50名のうちの12名って! 理由は誰かが病気とか言ってたけど、あまりの非常識ぶりに驚いた。

 そんなわけで、用意された席もスカスカでさみしい雰囲気が漂う中、はっきりいって30数名の人数で6時間以上過ごすというのはかなりつらい。そんなに話すこともないし、朝早かったので眠いしで、私を含め皆時計ばっかり見ていた。こんな少人数なら、結婚式スタイルにせず、ご飯を食べてちょっと歓談して終わりというスケジュールにすればいいのにと思う。しかし、そんな柔軟性はないのだろうな。

20130628021913(1).jpg
 最初に葵が踊り出し…
13-6-27dance1.jpg
 他の子たちも加わる。元気なのは子供たちのみ…

 果てしなく続くように思えたダンスタイムもようやく終わり、ケーキカットが終わり、新郎新婦を見送って車に乗り込んだときには、へとへとだった。私は助手席だったのでかろうじて起きていたが、後部席は娘たちはもちろんアンマまで熟睡していた。

 そして、ハードな結婚式が終わって2日後、今度は新郎主催のホームカミング・パーティーが新郎宅でおこなわれた。場所はマータラからさらに奥地に行くので、家からはやはり片道3時間あまり。こちらはセレモニーがないので、内輪だけのお食事会といった感じだったので、14時過ぎには帰れたのが良かった。

 ともかくこれで義理は果たした。年々、結婚式嫌いになっている気がする。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

怒涛の冠婚葬祭…。日本以上に大変ですね。お疲れ様でした…最後の「これで義理は果たした」には笑いましたけどね。ブツブツ文句を言いながらでもちゃんと出来る女性なんですね。美咲ちゃんも葵ちゃんも大きくなりましたね。可愛い!日本行きのお見送りでは美咲ちゃんが泣いた話は私もウルウルしました。やっぱりお母さんが一番なんですね。皆様お身体に気をつけて下さいね。
---------- a-chan. URL│08/01. 10:21 [ 編集 ] -----

a-chanさん

日本みたいに、ホテルや式場などに全部任せられればいいんでしょうけど、スリランカは基本自分たち手配ですからね。周囲の人も巻き込んでひっちゃかめっちゃかになります。私たちのときも、ずいぶんとスリヤンガの友人たちに手伝ってもらったので、お互いさまなんですけどね。なにしろ負担が大きすぎるのが難です。

式後、日を改めて新婚カップルが親戚や友人の家を訪問し、その際にプレゼントをあげるというのがお決まりなんですが、当初、カップルにくっついて新郎側の親や兄弟10人くらいが一緒にうちに泊りにくるなんていう話があって、戦々恐々としていたんですけど、結局カップルだけが泊りにきてほっとしました。
---------- Reiko. URL│08/07. 03:52 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/668-6c4d3f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。