スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローシーの結婚式
 先週は結婚式が2件、今週はビッグガール・パーティーが2件。スリランカで余儀なくされる広い交友関係。年々、冠婚葬祭に出る回数が増えてきて、もう十年たったらどうなっちゃうんだろうと考えるのも恐ろしい。

 10日の月曜日は、近所のローシーの結婚式。家でやるとあって、1ヶ月ほど前から庭をきれいにしたり、家をペイントしたりと、家族総出で準備をしていた。スリヤンガは、当日のレイアウトを担当。ブッフェテーブルの位置やテーブル、イスの並べ方などを決め、前日にテント張りなど会場のセッティングを手伝っていた。

 遠方からの親戚が数日前から来ているため、ローシーの家には50人近くが泊まっているという。家は3DKのごくごく普通の家。テラスやキッチンなども使って、皆、マットレスやゴザを敷いての雑魚寝だろうけど、結婚式前夜までそれでは落ち着かないと思う。

 ローシーの着付けを我が家ですることになったので、前夜から2階の3部屋を提供し、ローシーと数名の親戚が泊まりにきた。当日は朝3時から着付けなので、前夜は私たちの友人ファミリーが夕食を食べにきていたが、早めに切り上げ、23時過ぎには寝ることにした。

 朝3時、私たちが起きると、よく眠れなかったのかローシーももう起きていた。3人でミルクティーを飲みながら待っていたが、なかなか着付け担当の人が来ない。ようやく4時近くになって到着。夕方まで続く結婚式に出席する新婦にとって、この1時間は貴重だと思うんだけど、スリランカ時間の範ちゅうなんだろう。特に遅くなってごめんなさいという感じでもなく着付けがスタート。


生花を使った髪飾り。摘みたてのジャスミンの花を糸で通して作ったもの

 ブラウスとアンダースカートをはいて、まずは髪をまとめメイク。色白が美人とされるスリランカでは、少しでも肌を白く見せようと、明るめのファンデーションをぼってりつけるメイクが主流。衣装が派手なので、あっさりメイクでは顔が負けちゃうのだろうが、もともとスリランカ人は顔がはっきりしているので、そんなに色を重ねなくてもと私なんかは思ってしまう。ローシーも、控えめメイクで十分かわいいのに。

 この日は新婦側主催のポールワーセレモニーなので、白いサリー。スリランカ独自のキャンディアン・スタイルの着方で。以前は、一日目は白のサリーをインディアン・スタイル、二日目の赤のサリーをキャンディアン・スタイルで着る人が多かったけど、最近、両日ともキャンディアン・スタイルにする人が増えている気がする。なんでだろう?

 私自身は、実はキャンディアン・スタイルでサリーを着たことがなかったので、じっくり着付けを見たのはこの日が初めて。もっとも、一枚布のサリーではなくて、結婚式用は、巻きスカート、その上につけるひらひらと、ショール部分の3点に分かれているのを着るだけなので、着付け自体は難しくない。

 私も先日、仕立て屋に「このサリーは絶対キャンディン・スタイルで着たほうがきれい」と言われ、一枚作ったのだった。ただキャンディアン・スタイルだと、アクセサリーも長めのネックレスのほうが合うし、バングルもあったほうがきれい。着る前に合う小物を揃えないとならないので、この日はいつもどおりのインディアン・スタイルで着た。

12-12-11wedding1.gif
大好きなローシー・アンティと。
娘二人のドレスはデザインと生地を選んで仕立ててもらった


 ローシーが嫁いでしまうとさみしいが、新居であるだんなさんの家は車で5分の距離。実家にもちょくちょく遊びに来るだろうから、たまには会えるだろう。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 

スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/641-72f6f281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。