ひとりの時間
 今日は美咲の幼稚園の先生宅でダーナ。もともとスリヤンガと美咲で行く予定だったが、昨日の夕方Kさんと行こうと思っていたスパが予約いっぱいで、今日の午前中しか空いてないと言われ、渋々だが葵も一緒に連れて行くことをスリヤンガが了承してくれた。

 ってことは、夕方までひとりってこと!? 考えてみると、葵の出産前に一人で日本に帰国したのをのぞけば、美咲が生まれてから4年あまり、一人きりってことはなかった。それだけもリラックスできるのに、スパでのマッサージ付き。スリヤンガの気が変わらないうちに、さっさと予約を入れ出かけた。

 場所はチャーヤ・トランズ(旧名:コーラル・ガーデンズ・ホテル)。ヒッカドゥワでは一番大きなホテルで、昨年リノベーションをしたばかり。が、ここの経営をしているキールス・ホテル・グループ。インテリアデザインが私の好みではなく、ここ数年で次から次へとホテルのリノベーションを進めているが、なんだかイマイチ垢抜けないデザインのホテルに生まれ変わっている(気がする)。

 以前は小さくて簡素なアーユルヴェーダセンターがあり、どうなったんだろう?と思ってはいたが、今まで見に行く気にならなかった。が、すっかり小奇麗なスパになっていた。場所は最上階。4階からさらに階段で上がる。受付スペースのガラス窓の向こうには、ブルーの海が輝いていて景色は最高。やっぱり海は見ているだけでもいいなと思いつつ、担当者からメニューの説明を受ける。


 手の形のトレーがユニーク。
 ハーバルティーかと思ったら、甘くて冷たいライムティーだった。
 ならライム浮かべてグラスのほうがきれいなのになあ。


 メニューにはアーユルヴェーダはない。ので、メニューの一番上に載っていた、多分一番のお勧めであろうバリ式のフルボディマッサージを選択。セラピストはバリ人。まずはフットケア。足を塩でスクラブしてくれるのだが、スパ経験のほとんどない私には、自分が座り、その足元にセラピストがひざまずいてケアしてもらうことに、少々居心地が悪い。

 その後ベッドに移りマッサージスタート。バリ式は初めてだったが、アーユルヴェーダとは違ってアロマオイルを使い、けっこう強めの圧力をかけてのマッサージ。最近、体の節々が痛い私には気持ちのいいマッサージだった。60分だったが、体の後、軽くだがヘッド、フェイスも触ってくれ充実の内容。タッチも程よく、タオルワークもお見事。裸でベッドで横たわる人に、羞恥心を感じさせることなくリラックスさせるというのは大事だと思う。このへん、アーユルヴェーダサロンでも見習って欲しいところ。

12-10-20spa.gif
 窓ガラスの向こうには真っ青なインド洋が広がる

 施術はぴったり60分。終わった後は、生姜の辛さがきいた冷たいジンジャーティーが出てきた。スパのマネージャーもセラピストもバリ人なので、てっきりバリの会社によるマネージメントかと思ったが、帰って調べてみるとスリランカ経営だった。びっくり。

 料金は、60分で65USドル。プラス、サービスチャージや、その他諸々の税金がついて、83USドル。ルピーにして1万ちょっと。ジェットウィング・ライトハウスのスパよりも、若干割高感があるものの、スリランカでこのレベルのマッサージを受けられるのだからよしとしよう。

 ドルで提示されるときよりも、ルピーで支払うときに「贅沢をしてしまったな」と実感。次はフェイシャルを受けてみたいけど、来年Kさんが来るときまで待つことにしよう。

■Azmaara Spa
 キールス・グループのホテルに入っている。国内のホテルは下記5ヶ所。シナモン・レイクサイド(コロンボ)、シナモン・ロッジ(ハバラナ)、チャーヤ・ビレッジ(ハバラナ)、チャーヤ・トランズ(ヒッカドゥワ)、ベントタ・ビーチ・ホテル(ベントタ)

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/637-26657b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめ【ひとりの時間】
 今日は美咲の幼稚園の先生宅でダーナ。もともとスリヤンガと美咲で行く予定だったが、昨日の夕方Kさんと
まっとめBLOG速報 / 11/05, 07:04