スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コブラ使いと猿回し
 もう数週間前の話だが、せっかく写真を撮ったので紹介しておこう。

 「デンデンデン…」と、でんでん太鼓の音が近づいてくるのを聞いて、スリヤンガが門の外に出て呼びに行った。何かと思いきや、コブラ使いと猿回し。こうやって家々を回り、呼ばれると芸を披露するのだという。そういえば、まだ美咲が生まれる前だから5年ほど前にも、一度家に呼んだことを思い出した。

 近所に声をかけたので、子供だけでなく大人たちまで集まってきた。が、皆コブラを恐れてか近くには寄らない。かなり離れて見ている。美咲はコブラを怖がって私に隠れるように見ていたが、葵はつかみに行こうとするので、押さえておくのが大変だった。



 笛の音に合わせて、きれいに鎌首をもたげるコブラ。写真中央がメス、右側がオス。色が違う。昔、コブラの赤ちゃんを見かけたことがあるが、大人はやはり迫力ある大きさ。たまにこのへんでもコブラが出るが、これは無理。とても戦えない。極力出合わないようにしようと肝に銘じる。

12-8-29naya.gif

 コブラの次は猿の芸。ちょっと反抗的だったけど、一通りの芸はこなしていた。窓から泥棒に入って、警察に見つかりお縄になってしまうようすに皆は大笑い。ご褒美にバナナをあげたが思ったより喜ばず、お捻りにはさっと手を出ししっかり受け取っていた。動物なのに食べ物より現金なんて。まあそう仕込まれているんだろうけど。

 最後に美咲と葵が猿と一緒に記念写真を撮ったが、これがなかなか難しかった。美咲は怖いから腰がひけて顔がこわばってるだけなんだけど、葵は猿が頭や肩をベシベシたたくので嫌になった様子。残念ながら笑顔の写真は撮れず、緊張感ただよう写真となった。

12-8-29naya2.gif
 でんでん太鼓を振りながら去っていった

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 



スポンサーサイト


  
コメント

 ラストの写真、何とも言えない哀愁があります。
そうか~、こうやって、回ってくる猿回しがいるのか。
5年前と、同じ人でしたか?
 それにしても、みんなの引き方がスゴイですね(笑)
日陰から見たかったからと、いうわけでもなさそうだし、
現地の人でも、コブラは苦手なんですね。
 サルめ、葵ちゃんをシバックとは、憎いやつ。
ひっかくまでしないところが、ニクイですね。
---------- KaluGanga. URL│09/15. 03:18 [ 編集 ] -----

ツイッタ-で呟いておられましたが、クロスケの居ない生活って・・クロスケになにかあったのですか?
---------- リンダ. URL│09/17. 20:38 [ 編集 ] -----

Kalu Gangaさん

彼らはジプシーと呼ばれる低カーストの人たちで、定住せずいろいろな土地をまわって生活しているとのことです。男性は動物使い、女性は星占いや手相をみて生活しています。5年前の人とは違いましたが、芸の内容はほとんど同じでした。
コブラはさすがに迫力がありました。スリランカ人はこんなに自然の中で生活しているのに、意外と生き物を飼ったり触ったりするの、得意じゃない人が多いです。うちの主人もそのひとりですが(笑)。
---------- Reiko. URL│10/05. 05:54 [ 編集 ] -----

リンダさん

ご報告が遅くなりましたが、さきほどクロスケについてブログにアップしました。
突然逝ってしまったので、いまだに気持ちの整理がついていないのですが、
もうあれから1ヶ月半になります。
クロスケのいない生活、さみしいです…。
---------- Reiko. URL│10/05. 05:57 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/632-fb6af6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。