スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美咲の「文字習い始め」
 スリランカでは、子どもの成長に伴い、ホロスコープによって日時を選んで行う儀礼がいくつかある。我が家でも、「ピアスの穴をあける」、「初めての離乳食を食べさせる」などは、ホロスコープに従った。が、「初めて文字を習う」儀礼は、スルーしてしまおうと思っていたのだが、3歳の誕生日を目前にして、アンマから「その前にやりなさい」と言われ、急いでホロスコープをみてもらった。

 プージャーワは、ブッダと、ヒンドゥー教の神様サラスヴァティーとガネーシャに捧げる。サラスヴァティー(日本では弁財天)は「文字の神様」で、ガネーシャは「学問の神様」。スリランカでは意外にも教育熱心な親が多く、受験戦争の激しさは日本以上かもしれない。と考えると、この儀礼はかなり重要なのだろう。

11-6-8-お供え
 サラスヴァティー(左)とガネーシャ(右)にお供えものを捧げる

 スリヤンガが留守なので、アンマに確認しつつ準備をする。儀礼の時間は朝の9時2分。その前にすべて用意しておかないとならない。

 お供え物の揚げ菓子は昨日のうちに作っておいたので、果物をカットしカゴに並べ、花を摘み、ココナツオイルランプ、お香を用意する。それらを仏像、神様にお供えした後、時間ぴったりに本を開き、文字を指さし読ませ、一緒に書く。美咲は大張り切り。この分だと、読み書きもあっという間に私よりできるようになりそう。

11-6-8美咲文字
 シンハラ語だけじゃなく、日本語もがんばってね…

 朝起きてから、時間に遅れたら大変とバタバタしていたので終わってホッとする。普段時間にルーズなのに、こういう儀礼のときは皆すごく気にするから、けっこう緊張するのだ。

 その後、紅茶をいれて、おさがりのお菓子をいただく。ブッダや神様へのお供えものを作るときは味見ができないが、甘さ控えめでおいしかった。

 今日は特別にお菓子やフルーツをたくさんもらって、美咲はごきげん。「次はいつプージャワーするの?」なんて言っていたが、これでもう当分ないはず。そしてあさっては3歳の誕生日なので、パーティーのメニューを考えなければ。スリランカ人に喜ばれる日本食って難しいんだよな。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

 美咲ちゃんが字を勉強する写真、素晴らしいなー!
こんな、明るい未来を感じる写真を、最近目にしたことがないです。
表情がかわい過ぎるせいでしょうか。
お目にかかるたびに思うのですが
美咲ちゃんは、すごく頭の質の良さを感じさせる女の子ですね。
楽しく勉強して、才能を開花させて欲しいです。
がんばれー、美咲ちゃん!
 Reikoさんの体調も良くなったようで、安心しました。
もうしばらく、無理をなさらず、体力の充実を図って下さい。
---------- KaluGanga. URL│06/09. 17:54 [ 編集 ] -----

KaluGangaさん

この年頃の吸収力、暗記力はすごいです。
日本語もシンハラ語も、あっという間に覚えて使いこなしています。
でも話すのはともかく、読み書きはちゃんと教えないとダメですよね。
なんとか新聞、本を普通に読めるレベルの日本語を習得して欲しいと思っています。

ありがとうございます。
ご心配おかけしましたが、私のほうはもうすっかり大丈夫です。
---------- Reiko. URL│06/13. 03:20 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/587-6b3bf261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。