スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月を見上げて日本を想う
 今日はポヤ・デー。さっき庭に出て月を眺めた。最近ようやく歌詞を覚えた美咲が、「でた でた 月が♪」と大きな声で歌い、横でクロスケが嬉しそうにピョンピョンはねていた。

 ブログやツイッターでは、今日、月について書いている人が多かったように思う。私も月を見ながら日本のことを考えていた。スリランカでは「満月の祝日」。昼間はスリヤンガの実家に遊びに行っていた。ちょうど近所でピリットが行われていたので顔を出すと、私の顔を見て「日本のために」と参列者が皆でピリットを唱えてくれ、涙があふれてしまった。

 東日本大震災からすでに1週間。地震/津波の被害だけでなく、福島原発の事故を知り、毎日心配で夜遅くまでネットから離れられなかった。

 テレビや新聞のニュースが伝える情報では、福島原発内で何が起こっているのか、どういう状態なのか、そして今後どういう可能性があるのかというのがまったく見えてこない。ネットの情報は玉石混交だというのはわかっているし、特に今回のような大災害の場合、デマや流言が多いのも事実だろう。でも、政府や東電、マスコミが発表しない点を指摘し、分析・解析している良識ある専門家の方々によって知り得た情報もたくさんある。ネットのおかげだ。

 壊滅的な危機は脱したように見える福島原発だが、濃度の程度こそあれ現在も放射線が絶え間なく漏れ出ている。メディアが安全だと説明するシーベルト数は1時間あたりの数値なので、1日でその24倍、1ヶ月なら720倍と、滞在時間を掛け算をして出すべき値で、この先数ヶ月、1年という単位で浴び続けるのであれば、明らかに健康を害する値になる地域もある。

 政府や東電は、なぜ事実やデーターをもとにきちんとした説明をしないのか。国民はもっと怒り求めるべきだ。今の日本政府に対しては、海外諸国も「不審な目」で見ている。

 地震や津波による被害よりも、原発事故のほうに関心が高くなっているスリランカでは、いろいろな人から原発や放射能もれについて質問される。はっきり言って、まったく知識がない人から好奇心だけで浴びせられる質問にはうんざりしているのだが、ただ「なぜ日本は唯一の被爆国であるのに原発を作ったのか」「今後も同じような地震・津波が起こるかもしれないのに、なぜ現在も他の原発を停止させないのか」という問いには、何も答えられなかった。私自身もそう思うからだ。

 今まで電気が十分にある便利な生活をしてきた私たちは、確かに原発の存在を容認してきたのだ。でも今回の事故で、それを見直す時期にきていると思う。皆がもう少しずつシンプルな生活に変えられないだろうか。私は本当に責任を感じている。なぜ今まで声を大にして原発に反対しなかったのだろうと。未来を担う子どもたちのために、原発はいらないと言いたい。

*** 追記 ***
 現在も危険な原発事故の現場に入り、作業されている技術者や労働者の方々、また自衛隊や消防隊の方々に、感謝と敬意を表し、そして無事に任務を終えられ帰られることを祈りたいと思います。

■参考サイト
原子力資料情報室(CNIC)
 Ustreamでインターネット中継される専門家の説明はとてもわかりやすく、海外メディアのために英語通訳が入ることもあります。時間などはHPで確認ください。



下記は友人からのツイートで知った記事 (D&Lさんありがとう!)
「脱原発」を考えるヒントがいっぱい! ぜひご参考までに。


■田中優×小林武史 緊急会議(1)「今だからこそできる話がある」 
■田中優×小林武史 緊急会議(2)「新しいエネルギーの未来」


人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

難しい問題ですよね。反対に原発がなくなった後の生活、皆がそのように出来る?ですよね。個々の電気使用量なんて微々たる物で、原発のお蔭で成り立っている経済、今でさえ経済低迷といっててこれ以上の低迷、労働の場の減少を今の日本は受け入れられるのか、問題はなくなりませんよね。

だからといって私も原発は反対です。そして自分は電気使用量云々とは直接かかわりのない職業だからそういえるのであって、やはりいろんなところで均衡が取れていた生活なのですよね。
 水力発電のためのダムもだめ、原発もだめ、それなら風力火力でどこまでまかなえるかですよね。そこまでは勉強できていないのでここで無いもいえませんが...。

スリランカで生活すると、停電くらいって思いがちですが、スリランカの生活スタイルと日本の生活スタイルとでは電気の必要性、、重要性が違うので比較対照出来無いですよね。
 結局節電できるところはどこか、必要なく使っていたのはどこか、そこを検証して、個人も企業も協力する、それしかないんでしょうね。少なくとも福島原発はもう以前の様には稼動できないのですから、無いなりの生活スタイルをするしかないんですよね。

あー取り留めの無いことばかり書いてごめんなさい。こうやってしっかりと問題提起されていたので、つい自分の思いをつらつら書いてしまいました。
 沢山の人の意見が聞きたいですよね。
---------- 母饅頭. URL│03/20. 12:13 [ 編集 ] -----

母饅頭さん

 「本当に原発がないと電気の供給が滞るのか」という疑問はあるのですが、福島原発がこのまま収束することができたとしても、今後も放射線の危険と隣り合わせの原発と暮らしていくことができるのかと、皆が考える必要があると思うのです。これは原発のある地域の人だけでなく、日本人全員が考えて欲しいのですが。

 私はスリランカに来て、「なかったらないで、どうにかなる」ことを学んだので、日本人も皆が少しずつ我慢すれば可能だと思うのです。少ないものを上手にやりくりするのも、日本人は得意だと思いますし。

 今、日本人が立ち止まって自分のライフスタイルを客観的に見てみるのにちょうど良い機会だと思っています。過剰な便利さ、サービスをちょっとそぎ落とすだけで、かなり節電できると思うのですが。ともかく、今回の原発が落ち着いたら、きちんと議論をして欲しいです。

 
---------- Reiko. URL│03/21. 04:50 [ 編集 ] -----

原発の威力を、火力や風力で補うことはできないのが現状だそうです。
オランダなどとは、日本の経済が違うからです。
アメリカのように多様なエネルギー開発をしている大国でさえ、原発がなくては成り立たないのが現実です。

国民次第です。どちらを選ぶかは国民次第。
反対しても、原発がくればそこで働いている人もいます。
それを責める権利が誰かにあるでしょうか?
いやなら、ない国へ逃げればいいんじゃないでしょうか。
それは自分次第です。

スリランカ大統領は原発がとてもほしいようですね。
某国につくってくれとはたらきかけているという話を聞いています。
原発がいやなら、今からでも反対運動がんばったほうがいいのではないでしょうか。
---------- 通りがかり. URL│03/22. 12:32 [ 編集 ] -----

すみません。先のコメントはきついいい方で。
おいおい、のんきだなと思ったので。

すでに原発で国が成り立っている国は、後戻りができません。現実にはそうだとわかりますよね?
良識のある大人なら、「なくせばいい」というのは机上の空論だとわかってもらいたい。
それより、今回の問題は、被災時に現場に専門家がいなかったことが最大の問題だと思っています。
たとえば、新聞を書く人と売る人の知識が、実際には全然違うというレベルです。
地震がおこって、異常事態とわかったら、みんな作業員が逃げちゃった。そこで応急処置ができる人間がいれば、ここまでの事態にはならなかったはずです。
作業員の責任ではなく、上に立つ者の責任です。
人間は、学ばないと先にすすめません。
上に立つ人には目を覚ましてほしいです。

スリランカ人の多くが日本にあこがれています。
でも、この騒ぎで大挙して日本から逃げかえりましたね。
スリランカはまだできていないから、原発がいやだと言っている余裕がまだあるので、日本と同じ道をたどらないでほしいですね。
---------- 通りがかり. URL│03/22. 12:44 [ 編集 ] -----

通りがかりさんのいいたいこと、わかります。
原発には賛成できないけど、人間は後戻りできないのが現実だと思います。なくなればいい、という議論は、原発を資源として使うかどうか騒いでいた何十年前にリアリティがあった話だと思います。
実際に原発で被害を受けた人がいうならわかるけど、その電気を使っている自分たちがいったら、なんだかいけない気がします。
原発に反発はしていても、あの小さな炉で関東の電源がこれだけつくれるのかと思うと、原子炉という発明は本当に紙一重というか・・・。
CO2の問題や資源の限界を考えると、原発がもとめられた背景はよくわかります。同時に、軍事目的も大ありだけど。
でも、この事故を機会に、co2の問題を解決できる火力発電や、ハイパワーの風力発電の開発に人間が目を向けざるを得ないときが、近くくるのではないでしょうか、というよりきてほしい。そう願います。
スリランカで原子炉ができるときがくるんでしょうか。
経済が成長してくると、どうしても同じような道をたどってしまうのかなあ。


---------- 私も通りがかり. URL│03/22. 22:32 [ 編集 ] -----

通りがかりさん

放射線が飛んでこないスリランカからの発言では「のんき」と言われてしまうのかもしれませんが、
私の家族や友人の多くは関東に住んでいて、すでに放射能汚染の危機に面しています。

「後戻りできない」本当にそうでしょうか?
最初から「原発ありき」の議論では、何も変わりません。
原発や放射能の危険を踏まえ、各自がもう一度、原発の是非を問う時期だと思うのです。
その上で民主主義にのっとり、多数決で結論を出せばいい。

今の日本の生活、明らかに電気を使いすぎだと思います。
病院など、どうしても24時間安定した電気を必要とするところは別として、
個人も企業が、もう一度節電を見直してみる良い機会ではないでしょうか。
現在、原発に頼っている電気は約30%ですから、
一人一人の意識が変われば、近づけることも可能かもしれません。

確かに、今回は地震、津波直後の対応に、間違いや遅れがあったかもしれません。
しかし、「事故は想定外だったのだから、危機管理を強化すれば大丈夫」
という流れになるのを恐れています。
「100%安全な原発は作れない」と私たちは認識した上で、原発の是非を問うべきだと思うのです。

記事の最後にリンクしたのですが、田中氏と小林氏の「脱原発」という対談を読んで、
これからの道筋が見えた気がします。
---------- Reiko. URL│03/23. 02:24 [ 編集 ] -----

私も通りがかりさん

今日本は、「原発をやめる勇気」を持って欲しいと、思っています。
そのためには多少の我慢もやむを得ない、その上で原発以外の道を模索していこうという発想を持って欲しいです。

「原発を作るときに反対しておけばよかった。今ではもう遅い」では、
私が生まれた時点で、すでに反対の余地はなかったことになってしまいます。
「これまでも大事には至らなかったが事故があり、そして今回の地震・津波による事故が起きた。今後も絶対安全とは言えない」
だから原発をやめようと判断するのは普通のことだと思うのです。

今回の福島原発の事故による被害は、決して狭い地域ではありません。
濃度の程度こそあれすでに関東一円に放射線物質が飛び、
土壌や水、野菜から検出されている状況です。
それらが大気や海水に広がり、薄まったとしても、何十年も消えないわけですから、
大きくいえば日本だけの問題ではなく、海外の国々に対しての責任もあります。

太陽熱や風、波からの自然エネルギーの研究は、実は日本はけっこう進んでいるようです。
今回の事故が転機となり、実用化に向けて後押しされるようになればいいと思います。

スリランカ人の生活を見ていると、多少の停電はまったく支障ないです。
原発なんて必要ないでしょう!と言いたいですが、
「大統領が独断で建設」ということができてしまう国なので今後はわかりませんが…。
でも、今はスリランカ人も原発事故にナーバスになっているので、
間違いなく反対運動が起こるでしょうね。
---------- Reiko. URL│03/23. 03:31 [ 編集 ] -----

原発は、それを壊した時に、その問題性が浮き彫りになります。
自然災害で破損した時と、人為的に解体した時です。
どちらも多量の放射線が自然界に放出され、
人がその処理にかかわることが非常に困難です。
まだ、報道されていませんが、
核廃棄物はそれぞれの発電所敷地内で保管されていると
記憶しています。
なぜなら、高レベル核廃棄物の最終処分地はまだ無いからです。
私は、高レベル核廃棄物が、津波に流されていなければよいがと
心配しています。
福島第二原発のある町は、
「原発のあるところが、最終処分場に立候補する義務がある」として、
高レベル核廃棄物の埋め立て処分地に立候補していました。
しかし、今後はどうするでしょうか・・・。
30万年以上の時間を経て放射能が安全レベルに下がるまで、
埋設処分地を安全に管理することができますか?
核エネルギーの利用は、人類のみならず、
バクテリアのような生命体も含めて、
全ての生命体にとって、大変な脅威になります。
人類が、そのような核エネルギーを利用することは
必ず自然界からの反動を呼び起こすでしょう。
SF的に言えば、放射線で突然変異した強毒性ウィルスに
いつか襲われて、人類が全滅するイメージです。
日本人に、地球は語りかけています。
安全な新技術を確立して、核エネルギーから手を引きなさい、と。
私は、その声を聞き、原子力発電所は、全廃する政策を
推進するべきだと、考えます。
困難があり、時間がかかろうとも、全廃して欲しいです。
---------- KaluGanga. URL│03/23. 05:35 [ 編集 ] -----

ありがとうございます。
そうなれば最高です。
そうなればいいと、私もずっと前から思っていました。
きっかけというにはあまりにも厳しいですが、この事故がある意味転機になって、もう少し落ち着いたら、「私も通りがかり」さんのおっしゃるように、原発以外のエネルギー開発、そしてCO2などのでない環境にもやさしいエネルギー開発が本格的に進むことを祈りたいです。
アメリカも原発には日本以上に神経質ですしね。

それにしても、スリランカ大統領の最近の動きは不穏ですね。
---------- 通りがかり. URL│03/23. 10:11 [ 編集 ] -----

追加ですが。

ただ「なくせばいい」という主張をこうしてネットで話していても、今の現実からは到底リアリティがないですが、あくまで希望としては、自分も原発がない世の中がいいに決まっているとは思っています。
---------- 通りがかり. URL│03/23. 11:49 [ 編集 ] -----

火力や風力は、供給面で安定性が低いようです。
事故さえなければ原発の安定性は最高みたいですが、事故があっては致命的。安定性も何もあったもんじゃないですよね。
今日は水の汚染の話も出てきたし、子供もいる私としては本当に心配です。たとえ1歳以上は大丈夫といわれても、今日はミネラルウォーターを買いに走りました(ほとんど売り切れでしたが)
おそらく日本人全体が原発を見直す時期に来ていると思います。
安定性のあるエネルギー源の開発を、期待したいですね。
原発を望んでいる人なんて、本当はいない。一部の政治家でもなければ。
当たり前の話ですよね。
---------- 私も通りがかり. URL│03/23. 23:33 [ 編集 ] -----

KaluGangaさん

私は日本にいないので、今の一般の人々の原発に対する反応がわからないのですが、
どれくらいの関心度なのでしょう?(関東と関西でも違うと思いますけど)

今この原発の問題については、「知らない」「知らなかった」では済まされないと思うのです。
実際に、KaluGangaさんがご指摘の「高レベル核廃棄物」について、
私自身、テレビや新聞で報道されてないことをいいことに、
知りませんでしたし、関心も持ちませんでした。
でも、何十年どころか何万年もの間、管理しなくてはならないことを考えると、
自分の世代だけでなく、子どもや孫の世代にも責任を持たなくてはならないはずです。
こんなときだからこそ、自分の周囲だけでなく、
地球という広い視野にたって、原発の是非を考えたいです。
---------- Reiko. URL│03/27. 02:43 [ 編集 ] -----

通りがかりさん

今はまだ地震が起こってから2週間あまりですから、
これから皆の原発についての意見が、どう変わっていくのかわかりませんね。
福島の原発事故が収束に向かえば、「のど元過ぎれば…」という感じで、
うやむやになるかもしれませんし、今後も注意深く見守っていきたいと思います。

東電の独占を廃止し、電力事業を自由にして誰もが参入できるようにすれば、
新しいエネルギー開発も進むと思うのですが、
そのためには私たちが東電の責任を追及し、政府に求めないとだめですよね。
私自身も、思うだけでなく、行動しなければと思っています。
---------- Reiko. URL│03/27. 03:00 [ 編集 ] -----

私も通りがかりさん

お子さんがいらっしゃるのでしたら、本当に心配されていることと思います。
今までの空気や雨からの外部被爆と、体内に取り入れてしまった場合の内部被爆とは、
同じ単位では計れないほど影響が違うので、
レントゲンやCTと比較すること自体が間違っています。

もうご存知かもしれませんが、下記の武田教授のブログは、
とてもわかりやすく被曝について書かれています。
どうぞご参考までに。 http://takedanet.com/
---------- Reiko. URL│03/27. 03:27 [ 編集 ] -----

ご紹介ありがとうございます。
ただ、武田教授は科学的に不正確な点や誤謬、根拠としているデータが捏造であるとか、批判に対しては主張を微妙に変えたり、結果として矛盾した主張になることもあるそうです。
また、最新データがある場合でも持論に都合良く古いデータを引用したり、孫引き、原典の存在しない「引用」をおこなうなど、引用に関しても多くの問題が指摘されている、と問題もあるようです。
たとえば東大だから信用できるとは思わないですが、こういう問題って、誰を信用していいかわからないですね。
とにかく、できるところから子供を守ろうとは思います。
---------- 私も通りがかり. URL│03/27. 10:53 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/580-535c873f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。