アースオーブンができるまで
 昨日アップした「アースオーブン釜開き」の補足として、アースオーブンができるまでを紹介しておこうと思う。薪を使えるキッチンを離れに作ることに決めたときに、せっかくスペースがあるんだからとアースオーブン作りを提案したのは私。が、「どうやって作るのか」についてはまったく知識がなかった。

 ネットでいろいろな情報を拾ったものの、一番いいのはスリランカで使われている素材を使うことだろうと、基本的にはスリヤンガとグナワルダナイヤに任せ、作ってもらった。グナワルダナイヤはペイント職人だが、手先が器用でたいていのものは作ってしまう。メインで作業を進めてくれたのは彼。予想以上に立派なのができてびっくりした。

 11-2-15アースオーブン完成
 完成写真。鉄くず屋で切ってもらった鉄板を使ってドアも作った

 土は下記を使用。スリヤンガの実家の近くに川原があって、そこにたくさんあるので難なく集めることができた。さて、皆さんなんだかわかるでしょうか?

11-2-15アースオーブン蟻塚

 正解はアリ塚。大きいものだと高さが1メートル近くもある。たまに中にコブラが棲んでいたりするので注意が必要。これをくずしてセメントと混ぜたものを使った。

11-2-15アースオーブン 11-2-15アースオーブン3

 まずは土台作り。塩10キロをまいて均等にし(左写真)、その上に砕いたガラス、石を敷き詰める(右写真)。これは熱を逃がさないように保温効果を狙って。その上にアリ塚の土とセメントを混ぜよくこねたものを塗って、レンガを重ねていく。レンガは耐熱レンガも売っているらしいが、すぐに手に入らなかったので、普通のレンガを使った。

11-2-15アースオーブン2

 砂とココヤシの殻を使ってドーム型にし、その上にレンガと土でおおってアースオーブンの形を作っていき、完全に乾燥したら中の砂とココヤシの殻を出してできあがり。作るのに1日もかからなかった。スリランカだったら、スペースさえ許せば簡単に作れるので、スリランカ在住のかたどうぞお試しを。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

左官屋じゃなくてペイント職人なのに、この出来栄えはすごいですね。
アリ塚の土を使うとは、スリランカらしい感じ。
適当な粘り気があって、作りやすいのかな?
単に、砂が盛り上がっているので掘るより簡単だからですか?
なんにせよ、アリ塚のピザ、言われると
出来上がりのピザが、より美味しそうに見えます!
日本でアリ塚ピザを売りだしたら、行列間違いないと思います。
---------- KaluGanga. URL│02/17. 14:13 [ 編集 ] -----

KaluGangaさん

やはり職人さんなので手先が器用なんでしょうね。他にも水道のパイプを通したり、簡単な配線などもやってくれるので、とても助かっています。

アリ塚の土は、細かくて粒がそろっているので練ると滑らかな粘土になりやすいようです。昔は床にも使われていたそうですので。
「アリ塚ピザ」おいしそうですか?(笑)
ぜひ次回いらしたときにご馳走しますね。
---------- Reiko. URL│02/21. 02:46 [ 編集 ] -----

先日、この釜を見てもう感動フルフルでしたのでコメ残したと思ったのに。。。送信していなかったよう。

本当に私が夢に描いているアースオーブンですわ!!
色までそのまま!
っそれをそんなに簡単に作ってしまう職人さん。。。送ってください!!
ああ、それよりも私独りで、弟子入りしたいです。

それにしてもこの下のピザ、もう極上のピザ!に違いない!
羨ましいです。

私は只今、上手くどうしたらもっと広々とした所に引越し、もしくは家を建てれるよう旦那を落とすか考えております。
それが叶ったらアースオーブンは必。です!!

ああ羨ましい。

それからお嬢様、すっかり大きくなってますね。
---------- カントリーママ. URL│03/11. 02:47 [ 編集 ] -----

カントリーママさん

お褒めいただいて恐縮です!
スリランカでしたら、この職人さんお送りすることができるのですが、
アメリカはだいぶ遠いですね(笑)。

本当にあれよあれよと言う間にできてしまって、私もびっくりしました。
スリランカでは今でも薪で煮炊きをしている家も多いし、
個人のパン屋さんだと薪で焼いているところがほとんどです。
電気やガスはお金がかかりますが、薪は拾ってくればタダですから。

ピザ、やっぱりオーブンで作るものとは違いますね。おいしいです。
そのうち、他の料理も挑戦してみようと思います。
---------- Reiko. URL│03/15. 15:35 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/573-e98f0277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)