スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初ドライブ ~カタラガマ参り②
 カタラガマといえば、何でも願いごとをきいてくれるという、スリランカ一ご利益のある聖地。厳密にいうと、ヒンドゥー教のムルガン(シヴァの息子で、ガネーシャの弟)が祀られている神殿だが、敷地内に仏塔、キリ・ヴィハーラもあるので、仏教徒にも人気のある聖地となっている。

 駐車場から入口までの道には、お供え物(おもに果物)の店や、お菓子や土産物の店がずらっと並んでいる。まずは、美咲のお礼参りと車の交通安全祈願のためのお供え物を作ってもらう。プージャの時間に合わせて、お店の人が神殿前まで運んでくれるというサービスつき。このお供え物、けっこう重いので嬉しい。

 日曜日なのでもっと人が多いと思ったが、そんなに混んでいない。きっと信心深い人は1月1日、もしくは1月19日のポヤ・デーにお参りを済ませたんだろう。しかし境内は白一色。こういうところ、スリランカ人はきちっと守る。お参りの服は白が基本なので、9割以上の人が白い服を着ている。そんな中、限りある妊婦服に残念ながら白は含まれおらず、同行者の中で私一人が色物の服を着ていた。

 入口手前で靴を預けて、神殿の境内へ。まだプージャは始まっていないので、先にキリ・ヴィハーラへお参りに行く。この参道脇に象がいて、参拝者がバナナなどをあげていたので、早速私たちもあげようと近寄ったら、あんなに「象さん、象さん」と言っていた美咲は、象を目の前にして怖がった。せっかくだからと一緒に写真を撮ろうとしたのに、美咲は泣きはしなかったものの、顔はひきつりなるべく象から離れようとするので、残念ながら象さんとのツーショット写真は撮れず。

 仏塔でお参りを済ませ神殿に戻ると、ちょうどプージャが始まった。お供え物を受け取り神殿の中へ。カタラガマ神のカラーは赤なので、ちょっとおどろおどろしい感じ。正面の孔雀に乗った神様がカタラガマ神。祭司にお供え物を渡し、お下がりをもらい、出口のところで、灰を眉間につけてもらい、聖水をもらって終わり。

11-1-23カタラガマ
 お参りを済ませ、お下がりを受け取ったところ

 そして境内の菩提樹で、別の祭司に祈祷をあげてもらい、お下がりの果物をみんなで食べ、お参りは終了。帰りに土産物屋で、スリヤンガの実家や近所の家へのお土産にと、カタラガマ名物のお菓子ドドルを数キロ買い、道端で新鮮なジュール(ウッドアップル)を買う。ジュール・ジュース好きなKさんに、今回はまだ一度も作ってなかったのでおいしそうなジュールが手に入ってホッとする。これで心置きなく日本に帰れることでしょう。

 帰りの運転は、スリヤンガが疲れて眠そうだったので途中から友人に替わってもらったが、200キロ以上(まだ教習中だっていうのに)よく運転したと思う。だいぶ上達した。実技試験は3ヶ月後の予定だが、もう問題なさそう。あとはカタラガマ神のご加護を信じて、安全運転を心がけるのみ。久しぶりの旅行だったが、とても楽しかった。

11-1-23ライム11-1-23美咲
左:車のボンネット下につけるお守りとして売られている。ちゃんと祈祷してもらった
右:美咲が首にかけているのも祈祷してもらったもの。車のバックミラーにかけたりする
  おでこについているのは、神殿でつけてもらった聖なる灰


人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

スリランカは日本よりも仏教伝来が800年も前と言う事もあって、お参りも重々しくすごいですね。そう言えば車やスリーウィールの前に美咲ちゃんが首から掛けていたものがバックミラーに。日本では成田山のお守りと一緒ですね。アリヤーと美咲ちゃんの2ショットが見れなかったのが残念。しかしなんとなく美咲ちゃんの気持ちもわかりますよ。もう私はおばあちゃん枠に入ってますが、小さい子供を見るとほのぼのとします。又、スリランカで私にもそんな思いをさせて下さいね。
---------- あーちゃん. URL│02/07. 09:56 [ 編集 ] -----

 お!、美咲ちゃん、かわいくきりりとキマッてますね。
カタラガマ神に、いいお参りも済ませて、
みなさんの安全がより確かになって、
良かったです。
 こんど、機会があったら、
私もお参りに行ってみたいと思いました。
---------- KaluGanga. URL│02/07. 10:03 [ 編集 ] -----

あーちゃんさん

スリランカ人、日本人より信心深いでしょうね。
日本人だったら、「とりあえず行っておこう」というところが、
こっちですと、「行かなきゃならない」と行くのが当たり前になっています。

私は実は自分たちが車を買うまで知らなかったのですが、
新しく車やスリーウィラーなどを買ったら、
まずカタラガマにお参りに行くのが、普通のようです。
特に、交通安全だけでなく、商売を兼ねているスリーウィラーやバスの運転手は、
必ずお参りに行くようですね。

今までもペラヘラなどで、間近で象を見たことがあったので、
今回美咲が怖がったのは意外でした。
次は、「象の孤児院」に美咲を連れて行くつもりだったのですが、
もうちょっと大きくなって象が怖くなくなってから連れて行こうと思っています。
---------- Reiko. URL│02/15. 01:21 [ 編集 ] -----

Kalu Ganga さん

ぜひ次回、お時間がありましたらカタラガマ行ってみて下さい。
人々の信心が集まる聖地は、なにか特別なものがあるような気がします。
他の観光地とはまた違って面白いです。

カタラガマ神のパワーを信じて、安全運転を心がけます。

---------- Reiko. URL│02/15. 01:32 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/570-c7a29377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。