スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゾウとペンギンとカエル
 最近の美咲のお気に入り生き物は、ゾウ、ペンギン、カエル。 本物でもぬいぐるみ、おもちゃでも、絵でもなんでもいい。とにかくこの3つが出てくると大騒ぎ。チーター、ダチョウ、恐竜がお気に入りだった私とは大違い。かわいいもんだ。

 今日はペンギンの絵がプリントされたTシャツを着るのに、絵が背中についているので、見えるように前にしろと要求。抱っこして鏡に映し、「ほらペンギンいるでしょ」と言ってごまかした。最近、意志がはっきりしてきたので扱いが難しい。毎日の「お絵かきの時間」のたびに「何か絵を描いて」と言われるので、すっかり動物の絵がうまくなった気がする。

 先週の23日の金曜日、たまたま訪れたマータラのデウンダラ寺院がペラヘラ祭りだった。境内には、行列に加わる象が20頭ちかくいて、思わぬ「生ゾウ」に美咲は大喜び。ただその場ではやはり大きくて怖いのか、あまり興味を示さず、帰ってからゾウの真似をして、ゾウの話ばかりしていた。

10-7-26マータラ象
 寺院内のヴィシュヌ神殿近くにつながれてたゾウ
 まだペラヘラ前だっていうのに、ゾウ使いのおじさん酒くさかった…


 この日はアンマ、ターッタ、S師も一緒。アンマの実家の土地相続の手続きがあったので、アンマとスリヤンガを登記所に残し、私たちだけでフォートから海沿いの遊歩道を散歩する。マータラというと最南端に近いだけあって、ゴールよりも日差しが強く暑く感じるが、この日は雲が多かったのでいくらか過ごしやすい。

 近くに小さな公園があったので、美咲を遊ばせることにした。しかしここの滑り台、かなりの急勾配。美咲が一人では怖がるので仕方なく私が一緒に滑る。そしたら足元がゆらゆらする。メンテナンスなんてしてないんだろう。いつ作ったのか知らないが、さびて接合部分のネジが外れている。

 これではいつバラバラになるか知れたもんじゃない。慌てて降りた。子供が使うものなのに、安全性をまったく考慮してないんだな。こわい、こわいスリランカ。こんなことでは、幼稚園や学校の遊具も厳しく管理しているとは思えない。気をつけなくては。

 その後昼食をとり、ウェヘラヘナ寺院とデウンダラ寺院に行った。ウェヘラヘナ寺院は仏殿内部の壁画が面白い。ジャータカ物語の場面が描かれていて、スリヤンガに説明してもらいながら歩く。ここの仏像はかなり大きくて、仏殿を上っていくと仏像の頭の後ろの部分に出ることができる。眺めがとってもいい。

 しかし不運なことに、この日は仏像のあごの部分にスズメバチが巣を作っていたので、仏殿には登れず。残念。境内を歩いているとちょうど太いロープでスズメバチをそぎ落とそうとしていたので、慌てて離れた。スズメバチの部分があごひげのように見えて、面白いので写真に撮ろうとしたら、すぐにお坊さんに撮っちゃダメと止められた。またしても残念。

 ところで、ウェヘラヘナ寺院、日本から多額の寄付をもらっているようで、孤児院(幼稚園)を運営していたりするのだが、この日に会ったお坊さんたちすべて感じが悪かった。いかにも「お金大好き」というタイプ。外国人からの多額の寄付を集めている寺院に多い。

 そういう雰囲気って、特にお坊さんのように袈裟のみという格好だと、余計ににじみ出るのかもしれない。私やスリヤンガだけでなく、S師、アンマ、ターッタまでそう感じたというんだから、かなりひどい。お金が人の心を変えてしまうこともあるが、やはり日ごろの修行が足りないんだろう。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

美咲ちゃん、いろんな動物に興味があるんですね。reikoさんの好きだった動物には思わず笑っちゃいましたが…(笑)。

我が家の菱餅もペンギン、大好きです。海遊館ではペンギンのブースの前から動きませんでしたよ。あの華麗な泳ぎには大人の私も見とれてしまいますね。


ウナワトゥナより南には子供たちを連れて行ったことがないのですが、いつかマータラとかも連れて行ってあげたいな。そのときはお子様向けのスポット教えてくださいね。
---------- 母饅頭. URL│07/28. 12:07 [ 編集 ] -----

私も昔は、野生の王国という番組が大好きで、よく見ていました。大型の猫科の動物はみんな好きでしたが、私は、断然、サイがすきで、学校で粘土細工があると、いつもサイを作っていました。美咲ちゃんは、ゾウばかり作るかもしれませんね。
 ゾウの写真いいですね。上の飾りつけや、左手の人物の入り方がいい感じで、この日の空気を感じます。
 4月に撮らせて頂いた写真と録画DVDを、やっと今日EMSで発送しました。週明けぐらいにそちらに届くと思います。遅くなってすみません。
---------- KaluGanga. URL│07/28. 20:33 [ 編集 ] -----

母饅頭さん

動物と食べ物の名前はすぐに覚えるんですよ。
好きなものに対する子どもの吸収率って、
すごいですね。

「お子様向けのスポット」、ウナワトゥナ以南ですか?
ウダワラエやヤーラ国立公園でのサファリくらいしか思いつきません。
もしくは浜遊び? 結局自然しかないってことですね(笑)。
---------- Reiko. URL│07/30. 00:41 [ 編集 ] -----

KuluGangaさん

私も毎週金曜日、野生の王国見ていました。
ライオンが狩りをして、獲物を食べるところなんかもちゃんと映していて、
子ども心に「危険じゃないのかな? どうやって撮影したんだろう?」と不思議に思っていました。

美咲はまだサイの存在を知らないです。
今のところ、テレビにも本にも登場していないので。
これからお気に入りがどんどん入れ替わっていくのでしょうね。

写真とDVD、いつもすみません。ありがとうございます。
楽しみにしています。
---------- Reiko. URL│07/30. 00:45 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/541-ce2ef004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。