まだまだ入る!
 私たちが日本から帰ってきて最初にやったことは、家掃除と片づけ。1ヶ月以上留守にしていたのと、ちょうどペイント作業と大工さんたちの作業が入っていたので、アンマとターッタが留守番してくれてたものの、掃き掃除はしてもモップがけまではできず、とにかく家中がほこりっぽく汚かった。

 特にオフィスルームは、本をダンボール箱に詰めたままだったので、まず本の整理から始めた。本棚は全部で8段。かなりの量が入る。今回、日本から帰るときも、荷物にだいぶ余裕があったので、本を50冊近く(すべて文庫だが)買い込み持ってきた。それらを入れても、まだ5段近くが埋まったのみ。あと500冊は余裕で入りそう。

 以前は、授乳時に本を読みながらあげていたのだが、今はその時間もなくなって、せっかく本があるのに読む時間があまりない。寝る前の1時間くらいを読書の時間にあてている。もっとも面白いと途中でやめられなくなって、明け方まで読んでしまうこともしばしばだが。

 そして、とうとう読み終わってしまった。最初のワクワク感はなくなるけど、私の場合一回目は斜め読みに近いので、二回目にじっくり読むと、また違う味わいが楽しめることもある。今日から読み直ししよう。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

収納に余裕があるっていいですね。これからどんな本が並ぶか楽しみですよね。

我が家も数ヶ月前にようやく簡単な本棚を購入し、箱に収まっていた本を片付けたところです。私も初めの数年は同じ本を何度も読み直していましたね。山崎豊子の〝大地の子”なんかは4回くらいスリランカで読みましたよ(笑)。家が近ければ本の貸し借りできたのに残念です。

8月に伺うとき何か持って行きましょうか?好みの作家さんとか居られますか?
---------- 母饅頭. URL│07/16. 12:33 [ 編集 ] -----

日本では図書館で借りてたので、それこそ色々なジャンルのものを適当に読んでいたのですが、スリランカにきてから、わざわざ買って運ぶことを考えると冒険ができなくなって、好きな作家の本ばかりになってしまっています。

山崎豊子氏、私も好きでよく読んでいます。他に、塩野七生氏、高村薫氏、遠藤周作氏、沢木幸太郎氏、宮本輝氏あたりが、どの作品も買おうと思う作家でしょうか。あとは歴史物が好きなので、司馬遼太郎氏、池波正太郎氏、山岡荘八氏など、定番の歴史小説も好きです。芥川龍之介氏、坂口安吾氏、泉鏡花氏などの世界観も好きです。 あっ!でも基本的に文字が大好きなので、なんでも読みます。

お返しするのがだいぶ遅くなっちゃうかと思うのですが、もししばらく読まなそうな本があったら貸してください。もちろん、我が家のも借りていってくださいね。
---------- Reiko. URL│07/17. 00:52 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/533-68fbd3b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)