日本滞在 公園天国
 もう帰国してから1ヶ月近く経ってしまったが、日本での話題をひとつ。

 日本滞在中は、美咲を遊ばせるため、ほぼ毎日公園に行っていた。今まであまり気にしたことがなかったが、日本って子どもを気軽に遊ばせられる公園がなんて多いんだろうと実感。住宅街でも、歩いていける距離に公園がいくつもあって、美咲は天気がいいと外に行くのをとても楽しみにしていた。

 公園に着くと、実に嬉しそうな顔をして走り出し、木馬に乗ったりブランコに乗ったり。滑り台は日本で初めて挑戦。最初は一人で滑るのを怖がっていたが、そのうち慣れると、滑り降りた瞬間からもう階段目指して駆け出していって、「よく飽きないな」と思うぐらいしつっこく遊んでいた。

10-7-3日本ブランコ
 このブランコ、座るところが合皮のようなものでできていて、
 座る人のお尻にフィット。乗り心地がとてもいい!
 でも立ちこぎはできないな。


10-7-3日本公園
 近くの総合公園にあった動物園コーナーにて

 写真だと、美咲よりもスリヤンガのほうが楽しんでいるように見えるが、確かに美咲に負けじとスリヤンガも一緒に遊んでいた。
*     *     *     *     *

 そしてスリランカへ帰国。美咲はいまだに、滑り台に行こう、ブランコに行こうと言う。しかし、そんな場所は近くにない。スリランカの我が家は自然に囲まれていて、「子どもを育てるにはいい環境ですよね」とよく言われるが、実は子どもを遊ばせられる適当な場所がないのだ。

 なにせ自然がそのまま過ぎて、草むらにはヘビやサソリなどの毒をもった生き物もいるし、狂犬病を考えると犬、猫、サル、マングースなどの野生動物も危ない。山がそのまま崖になっていたり、沼地もある。木が多くて人の目に付かない場所があり過ぎるので、美咲がもうちょっと大きくなったとしても、子ども同士で遊びに行かせるのは不安。

 そうなると、自宅の庭で遊ぶか、近所のお寺までの散歩、あとはビーチくらいしかない。ブランコや滑り台のある遊び場は数が限られ、歩いて行ける距離にはないので、毎日は行けない。スリヤンガが、庭のマンゴーの木にブランコを作ってあげると言っているが、まだ実行されていない…。

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

  いい感じの写真ですね。ホント、スリヤンガさんも楽しそうです(笑)。
Reikoさんのメイン機になった、新一眼デジタルによるものでしょうか。
機種は何になったのかな~なんてことも、カメラ好きの私には
ちょっと気になったりしてます。
差し支えなければ、何かの機会に教えてください。
なにより、素敵な写真をどんどん見せてもらえることを、
楽しみにしています。
---------- KaluGanga. URL│07/06. 20:06 [ 編集 ] -----

本当本当、日本は公園がたくさんあって子供には飽きないですよね。わが子も叔母の家の近くの公園に遊びに行ったり、公園内のラジオ体操に参加したりしました。

スリランカは子育て大変ですよ。育児支援もないし、保健所のように気楽に相談できる場所もなく、学校に行くとお友達と遊ばせるのも親しだいで...。

それでもこちらでの良さを見つけ出しながらお互い子育てしていきましょうね!
---------- 母饅頭. URL│07/06. 21:33 [ 編集 ] -----

KaluGangaさん

カメラですが、いろいろ迷ったあげく、無難にキャノンのEOS Kiss ×3にしました。まだ全然使いこなせていませんが…。これからのんびり解説書を読みながらいじっていこうと思っています。

「あまり写真を撮らなかったなあ」と思っていたのに、写真を整理したら1ヶ月ちょっとの日本滞在で600枚も撮っていました。意外とシャッター押してたんだなとびっくりしました。

気分も新たに、スリランカの面白写真を撮っていこうと思っています。
---------- Reiko. URL│07/07. 01:04 [ 編集 ] -----

母饅頭さん

日本に帰ると、なんだかんだ言っても育児を支援する環境が整っていると感じてしまいます。ちょっと出かけるにしても、あらかじめ下調べしておけば、エレベーター、オムツ替えのできるトイレなどありますからね。スリランカで公共の交通を使って子連れで出かけるなんて、ぞっとします。まずトイレは無理ですよね。

「友達と遊ばせる」というのも、なかなか付き合いが難しいですね。子ども同士の付き合いは大事とは思いつつ、子どもはすぐ真似をしますから、傍若無人なスリランカ人の子どもと遊ばせるのは遠慮したいなと思ってしまいます。幼稚園、学校なりに行ってしまえば、自然と友達ができるのでしょうが、またそうなると新たな悩みができそうです(笑)。

今後も良き先輩のアドバイス、頼みにしています。
---------- Reiko. URL│07/07. 01:28 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/531-1c74e317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)