地元で楽しむペラヘラ祭り
 ペラヘラ祭りというと、毎年夏に行われるキャンディの祭りが有名だが、実は地方のちっちゃなお寺でも行われていたりする。毎年決まって同じお寺で行われることはないが、我が家周辺でも一年に何回か見ることができる。今日は、ワァーワラ地区のお寺主催のペラヘラ祭りがあると聞き、見に出かけた。

 美咲にとってのペラヘラ祭りは、昨年に続き2回目。といっても、昨年はきっと何がなんだか分からなかったと思うので、どんな反応を見せるか楽しみ。美咲は、キャンディ/ペラヘラ祭りの絵本がお気に入りで、ドラマーやダンサーの真似をしているほど。加えて、動物の中では特に「ゾウ」が大好きなので、本物のドラマーやダンサー、象を見たら喜ぶだろう。

 15時過ぎから、リハーサルをしているのか、遠くからドラムやホーンの音が聞こえてくる。行列が進む予定のゴール・ロード沿いの友人に電話してみると、16時頃がちょうどいいと言う。出かけてみると、すでに沿道は子連れのファミリーでいっぱい。

 ところが例のごとく、いっこうに始まるようすがない。予定では15時に出発のはずなのに、17時を過ぎても気配はなし。私たちは友人のレストランの2階に座って待っていたので、おしゃべりをしたりお茶を飲んだりして過ごしていたが、沿道の人は立ちっぱなし。16時を過ぎても西日がけっこう強いので、相当暑かったと思う。

 美咲は友人の子どもたちに遊んでもらっていたので、退屈するどころか大興奮。一緒にかくれんぼをしたり、踊ったりしてすごく楽しそう。17時半を過ぎて、ようやく祭りが始まっても、行列を見るより子どもたちと遊びがったほど。「お兄ちゃん、お姉ちゃんたちもみんな見るから」と言い聞かせ、ひざの上に無理やり座らせ見せた。

 美咲が興味を示したのは、まずダンサー。真似して踊ろうとする。本人は同じ踊りのつもりだろうが、その微妙な動きが面白くて私たちや周囲の人は大笑い。美咲はますます得意になって踊っていた。

 そしてやはり象。遠くに見え始めるとすぐに「象さん!」と指差して教えてくれる。ペラヘラ祭りの象たちは、布で全身をおおい飾られているので、わかりにくいかなと思ったが、すぐに象と気付いたようだ。片腕を鼻にして、ちゃんと象の真似もしてくれた。

 行列は1時間弱で終了。ちょうどいい長さ。これ以上長かったら飽きてしまうだろう。疲れたのか眠そうな顔をし始めた美咲を抱いて、あわてて家に帰った。シャワーを浴びさせ、ご飯を食べたらバタンキュー。朝までぐっすりだった。 

*今年のキャンディ・ペラヘラ祭りは、8月15日から24日まで(8/15-19クンバル、20-24ランドリ)開催される予定

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

ご近所でもペラヘラが楽しめるっていいですね!
美咲ちゃんの様子が目に浮かぶようです。
先日うちの娘もディズニーランドのパレードを見て、同じような状況でした(笑)
本人が予想以上に楽しんでくれると、親も本当に嬉しくなりますよね!
---------- ウルビタ. URL│06/29. 13:49 [ 編集 ] -----

ウルビタさん

なにせ娯楽が少ないスリランカですから、毎回ほとんど同じ行列のペラヘラ祭りでもすごい人手です。でも、子どもにとっては楽しいですよね。「生ビールでも飲みながら見れれば最高なのに!」なんて思いつつ、眺めていました(笑)。
---------- Reiko. URL│06/30. 01:02 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/529-680a8d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)