美咲、発熱①
 日本での滞在のようすをまめに書こうと思っていたのに、更新しないままあっという間に1ヶ月近くがたってしまった。今回はゆったりスケジュールにしたので、スリヤンガはちょっと咳が出たものの、それ以上体調が悪くなることもなく、7日のフライトでスリランカに帰国する予定だった。

 しかし4日の夕方、1泊の箱根旅行から帰ってくると、美咲がぐったりしている。昼間は元気に遊び回っていたのに急に熱が出たらしい。体温計をみると39度3分もある。以前に診てもらったことのあるクリニックは診療時間を過ぎてしまっていたので、救急対応の病院に行くと小児科は対応できないと言われ、他の小児科を紹介された。

 家から車で10分ほどのところにある個人のクリニックで、診療時間が19時半までなのでぎりぎり間に合った。待合室で待っていると、ドクターと患者、ドクターと事務員の対話が聞こえてくるが、かなりドクターが頼りない。特にドクターと事務員のやり取りがすごい。カルテに書かれた薬の名前の確認をしてるのだが、薬を間違えちゃまずいだろう。しかも会話の感じだとよくあることらしい。

 15分ほどたって名前を呼ばれ診察室に入った。嫌な予感は的中。小児科医のはずなのに、全然子どもの扱いに慣れていない。のどを見るのも一苦労。見かねて私がぐいっと無理やり口を開けさせたほど。診察の仕方が、雑な上に薬の説明がなし。私がいろいろ質問し説明を求め、この後熱が下がらないと心配なので、解熱剤を処方してくれるよう頼んだ。

 このクリニックは院内処方。薬を待っているとまたもや事務員がドクターに薬の確認をしているのが聞こえてくる。うちの薬だ。かなり心配になる。ともかく急いで家に帰り、ネットでシロップ薬の成分を調べてみると、鼻炎やのどの炎症を抑えるもののみ。美咲の症状に効果があるのか不安だったが、とりあえず薬をのませ寝かせる。

 21時過ぎに熱をはかってみるとまだ39度を超えているので、解熱剤の効果があるといわれたけいれん止めの座薬を入れる。しかし23時を過ぎても熱は下がらない。39度6分もある。美咲はかなり苦しそうでぐったりしている。「なんで熱が下がらないんだろう?」と座薬の成分を調べてみると、ただのけいれん止めで解熱の効果はまったくないことが判明。

 あわてて小児救急の窓口に電話し相談したところ、すぐに救急病院に連れて行ったほうがいいと言われ、タクシーを呼ぶ。外は小雨が降り出し肌寒い。タクシーは5分で着くと言っていたのに、15分たっても来ない。もう一度電話してみると、場所を間違えたらしい。〈②につづく…〉

人気ブログランキングへ  
↑ポチッと、おねがいします     
 
スポンサーサイト


  
コメント

大丈夫ですか?心配してます
---------- oki. URL│06/06. 09:13 [ 編集 ] -----

美咲ちゃん、大丈夫ですか?大福が熱誠痙攣したときのことをおもいだして胸が痛みます。いま、良い病院で治療を受けていると願っています。子供は夜中に様態が変わるので本当に目が離せないです。

あー美咲ちゃんの体調が1日でも早く回復することを願っています。私も少し動揺しています。

お大事に!
---------- 母饅頭. URL│06/06. 12:45 [ 編集 ] -----

okiさん
母饅頭さん

ありがとうございます。ご心配おかけしました。おかげさまで熱も下がり、今日は外に遊びに行きたいと言うほど回復しました。

深夜の子どもの高熱、とても焦りました。今思い出すと笑えますが、救急車を待っている間のスリヤンガは半狂乱でしたから。そのおかげで私は冷静になれましたけど。

飛行機に乗ってからでなくて良かったと思いました。子連れでの旅行は、余裕を持たないとだめですね。スリランカ帰国直前に1泊旅行に行ってしまったので、反省しています。
---------- Reiko. URL│06/06. 22:54 [ 編集 ] -----

美咲ちゃん、高熱で大変でしたね。良くなられたようで安心しました。

それにしても、ヒドイ小児科ですね!!
---------- ウルビタ. URL│06/07. 14:21 [ 編集 ] -----

ドクターの薬の処方には怒り大ですね。痙攣止めと解熱では全く成分も用途も違うじゃないですか!何はともあれ、大事に至らなくて良かったですね。

おせっかいかもしれませんが、スリランカに帰ってこられるときに解熱用の座薬を数個持ってこられるといいですよ。私も大福が熱誠痙攣を起こした後、日本から来る友人に大福の体重を伝え、持ってきてもらいお守り代わりにおいておきました。もちろん日本の小児科専門の医者に出してもらったものです。
熱誠痙攣は癖になることはほとんどないといわれていますが、やはり親としては夜中にぐったりなんてこと2度と嫌ですもの。スリランカでも解熱用の座薬ありますが、私は成分や分量が不安でほとんど使いません。気になるときは薬剤師の妹に連絡して妥当かどうか確認します。というのも、スリランカで2度ほど、解熱座薬を使用して低体温症になって大変だった子供を知っているからです(障害児ではないですよ)。あと、薬のアレルギー反応で浮腫んだ子も知っています。すべて特別な環境の子供たちではなく近所のお友達関係です。

5歳くらいになると発熱もぐっと減りますし、何よりも自分で自分の調子を言葉で伝えられるようになるので一安心です。

お互い小さな子供を持つ親、あと少し目が離せませんね。

お大事にしてください。
---------- 母饅頭. URL│06/07. 14:26 [ 編集 ] -----

1ヶ月間の楽しい日本滞在に、いらぬオマケが付いてしまいましたね。私も夜中に走り回る事、度々。息子の始めての入院が今回スリランカで。大きくなってもね。これが親の使命かも。親は死ぬまで子供の事が心配。83の母が「自転車で転ばないようにね」と。私、もう50過ぎてるんですが・・・。reikoさんの親御さんもそうだと思います。美咲ちゃん、スリヤンガさんお大事に。reikoさんもスリランカに戻って、お疲れが出ませんように。
---------- あーちゃん. URL│06/07. 17:25 [ 編集 ] -----

ウルビタさん

ありがとうございます。突然の発熱、うろたえてしまいますね。
スリランカじゃなくて良かったと胸をなでおろしているところです。
---------- Reiko. URL│06/15. 01:21 [ 編集 ] -----

母饅頭さん

夕方行った小児科は、病院を紹介してくれるセンターで電話して聞いたところだったのですが、初めてのところはどんな医者かわからないので怖いですね。普段からの情報集めが大事だと痛感しました。

アドバイスいただいたとおり、解熱剤の座薬をもらってきました。やはりというか、スリランカの処方いい加減なんですね。「薬の副作用で…」なんて恐ろしい! 私も安易に使わないようにしようと思います。もう一度、「もしスリランカで緊急の事態が起きたら…」を想定して、どうすればいいか決めておかねばと思いました。
---------- Reiko. URL│06/15. 01:37 [ 編集 ] -----

あーちゃんさん

ありがとうございます。
自分が親になって、親の心がわかるって本当ですね。
私は小さい頃、よく高熱を出したそうですし、おてんばでしょっちゅう病院に担ぎ込まれるようなケガをしていたので、親にさぞかし心配をかけたと思います。

おかげさまで、スリランカに戻り、高温多湿の気候のおかげか、風邪気味だった3人ともにすぐに良くなりました。
---------- Reiko. URL│06/15. 01:42 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/525-7cc00e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)