スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山本梓さんグラビア撮影④
 「雲ひとつない青空」ではなかったが、ときどきスコールにあいながらも予定どおり撮影は終わり、最終日はオフに。スリヤンガがガイドして、ガン河のボートサファリ、世界遺産のゴール観光に案内し、空港に向かう途中に我が家に寄っていただいた。

 私たちが3日間留守にしていたので、家の中はかなり汚くなっている。早朝に起き出し、スリヤンガは芝生を刈り、私は家の中を大掃除。スリヤンガが出かけた後も、美咲をアンマ・ターッタに預け買い物に出かけたり、犬好きの梓さんがクロスケに触るかもと庭でクロスケを洗ったりと大忙し。

 午後3時過ぎに撮影メンバーが到着。美咲はちょっと人見知り気味なのか、借りてきた猫みたいに大人しい。しかし、紅茶を飲むため、皆と一緒にテーブルに座って、お菓子を食べ始めるととたんにご機嫌になる。

 隣の席に座っていたカメラマン・アシスタントのSさんに、水を飲ませてもらったり、ガーゼで口をふいてもらったりと面倒をみてもらっている。このSさん、30代の独身男性。なのに、とっても子どもの扱いが上手。美咲も子ども好きな人はちゃんとわかるみたい。すっかりSさんになついている。そういえば、子ども好きな梓さんにも、大人しく抱っこされていた。

9-11-9梓さんと記念写真
 梓さんと記念撮影。美咲は眠そう…

 5時過ぎ、空港に向かうご一行を見送る。美咲は、久しぶりに私がそばにいるのが嬉しいのかずっとくっついてくる。今回の仕事では、美咲は私たち以上にがんばったのかもしれない。撮影が朝から晩までのスケジュールだったので、美咲はおじいちゃん、おばあちゃんとお留守番。私とこんなに長時間離れていたのは初めてだった。

 昼間はまだしも、夜寝付くまでは「アンマ、アンマ」と叫んで大変だったらしい。それでも私たちが帰る頃には泣き疲れて寝ていたので、顔を合わせるのは朝起きてシャワーを浴びさせて朝ごはんを食べるときのみだった。美咲に「明日からはずっと一緒だからね」と言うと安心したようすだった。


■山本梓さんブログ

梓さんに抱っこされた美咲の写真が紹介されています。スリヤンガもちょこっと登場
我が家での記念写真、バースデーケーキの写真も紹介されていました。

■講談社ヤングマガジン
今回のグラビア撮影は、ヤングマガジン年末・年始号に掲載予定。どうぞご覧ください!
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/444-c6d4f2ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。