トリンコマリー④ オウギヤシ
 トリンコマリーを含む東海岸は、私たちの住む西海岸と反対の時期に、海のオン/オフ・シーズンを迎える。つまり雨季・乾季が逆の時期になる。そのため、気候は時期が異なるだけで、西側とほとんど同じだと思っていた。

 ところが、ハバラナを過ぎ、東側に近づいても景色は内陸の乾燥地帯と変わらない。雨が少ないため、背の低い潅木や水が少なくても育つサボテンなどの植物が目立つ。大きな木というと、マンゴーの木とオウギヤシがほとんど。

 このオウギヤシ、他の地域では見かけない。トゲトゲした太い幹と、放射線状に広がる大きな葉を持つ。実はココヤシより小さめ。割った中身は見なかったが、ココナツミルクは絞れず、ジュースにして飲むという。リスが表皮をがじっていたので、ココヤシほど硬くはないよう。

9-9タラポル
 ニラヴェリ・ビーチにて。若木のオウギヤシ

9-9タラポル3
 ココナツより小ぶりな実

 このオウギヤシでも、樹液を自然発酵させて作るお酒、トディが作られている。もちろん味見してみたが、飲み終わるとなんともいえないえぐみが残る。飲んだ時間が遅かった(午後4時頃)というのもあるが、今まで飲んだ中では、キトゥル・ヤシ>ココヤシ>オウギヤシの順。オウギヤシのトディが一番おいしくない。

 この珍しいオウギヤシ。実は苗を持ち帰って、庭に植えてみようと思っていた。大きくなるとかなり場所をとるので、とりあえず植木鉢に植えればいいと考えてた。しかし、町を見回しても植木屋さんがなく、誰かに聞いてみようと思いながらばたばたしていて、結局手に入れられなかった。残念。

■メモ オウギヤシ(パルミラヤシ)
 英語名:Palmyra palm、シンハラ語名:タル、学名:Borassus flabellifer


*記事アップ時は、「タルポット・ヤシ」と表記していましたが、その後オウギヤシではないかとご指摘を受け訂正しました。2009年11月
スポンサーサイト


  
コメント

こんにちは。通りすがりのものですが。タリポットヤシのことですが、この木はオウギヤシ(パルミラヤシ)の間違いです。タリポットヤシの実はもっと小さいです。
---------- 40歳男. URL│11/21. 10:48 [ 編集 ] -----

40歳男さん

ご指摘ありがとうございます。
オウギヤシに訂正させていただきました。
---------- Reiko. URL│11/24. 04:06 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/429-5043f028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)