スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お気に入りの絵本は「あーんあん」
 絵本が大好きな美咲。どれくらい好きかといえば、おっぱい飲みながら絵本を見ているくらい。

 でもこれは私が悪くて、美咲におっぱいを飲ませながら私が本を読んでいたのを見て、美咲が真似するようになってしまった。今ではもう習慣になってしまい、おっぱいを飲む前には必ず手のひらサイズの本を自分で持ってくる。

 美咲には生後4~5ヶ月の頃から絵本を読んでいたが、今までは私が選んだのを見ているだけだったのに、最近は自分で本を選んで渡すようになった。その中で一番のお気に入りは、せなけいこ氏の「あーんあん」。

 保育園でおかあさんが帰っちゃうので、ぼくが「あーんあん」と泣き出すと、みんな泣き出して、涙がたまってお魚になっちゃったというお話。こちらがやめないと、それこそ続けて10回も20回も読ませられる。

 美咲にとって大事なのは、泣いた子たちがお魚になっちゃうページ。その前後のストーリーはどうでもいいらしい。何回読んでも、このページで、笑ったり声を出したり手で指差したり、なにかしらの反応をする。私が忙しくて相手をしてあげられないと、座ってひとりで「あ~んあん」らしき言葉を発しながら読んでいる。

 せなけいこ氏は、私が大好きだった絵本作家のひとりで、実は私が子どもの頃は、「ねないこだれだ」が寝る前の定番絵本だったそう。そういえば母が「何度も何度もしつっこく読まされたわ」と笑ってたっけ。

 次回日本に行くときには、美咲の絵本もたくさん買ってこなくては。福音館のサイトを見ていたら、私も読みたくなってしまった。

美咲あーんあん あーんあん
美咲お気に入りのシーン。「おさかなになっちゃった!」  せなけいこ作・絵/福音館
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/419-20c4ad27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。