スリランカから投票
 今日は衆議院議員選挙の告示日。日本国籍があれば選挙権があるので、スリランカにいても投票はできる。ただし、事前に日本大使館に申請し、在外選挙人証をもらっておく必要があるが。投票方法は、①日本大使館で投票 ②郵便で投票 ③日本で投票 の3通り。

 私は投票期間にコロンボに行けるかわからないので、郵便で投票することにし、7月下旬に申請用紙を登録先の選挙管理委員会に送っておいた。スリランカの郵便事情は意外にいいが、日本までは航空便で5~7日かかる。スリランカ→日本→スリランカ→日本と、1往復半するのを考えるとあまり余裕はない。

 先日、管轄の郵便局から電話があった。私宛の郵便物らしいが、宛名がないという。普通なら日本へ送り返すところだが、中身が投票用紙なので電話してみたという。家に届けることはできないが、郵便局に取りに来てくれれば渡すというので、急いでスリヤンガが取りに行った。

 送り伝票を見ると、住所、電話番号は書いてあるものの、肝心の名前がない。我が家の住所は番地がなく通りの名前だけなので、普通ならどの家がわからないが、このあたりに日本人は私しか住んでいないので、日本からの手紙や荷物だと、いつも家に届けてくれる。

 過去にも名前がなかったり、住所が間違っていたことがあったが、「ここでしょ」と言ってなじみの郵便配達のおじさんが届けてくれた。今回も無事届いたので、投票することができる。良かった。

 が、いい意味でいい加減なスリランカだから事なきを得たけど、規定どおり日本に送り返されていたら、間違いなく投票には間に合わなかっただろう。そしたら、選挙管理委員会はどうやって責任を取るんだろうか? もうちょっと注意して欲しいものである。

 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/412-e0ff2967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)