スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仏像へのダーナ
 先月の6日に開眼法要をすませた近所の仏像。朝昼夕と一日3回のダーナ(食事などを布施すること)は、近所の家で持ち回りをすることとなり、我が家は毎月一週目の水曜日と決まった。

 そして今日が初めてのダーナ当番の日。折りしもポーヤ・デーと日がいい。朝は6時半、昼は11時に食事を作って持って行く。スリランカの仏教(テーラワーダ/南方上座部仏教)の僧侶は、正午以降食べ物を口にしてはいけないので、時間は厳守。仏像もその戒にならう。そのため、夕方はお茶などの飲み物だけとなる。

 スリヤンガがいれば美咲を見てもらって私が用意できるのだが、今はホームステイしているゲストがいて、今日はスリヤンガが午前中ゲストと出かける予定なので、とても私一人では無理。そこでアンマに来てもらった。

 朝は5時に起床。キリ・バットゥ(ココナツミルクライス)とトマトのサンボルを作る。仏像お供え用の小さな碗に、バナナやリンゴ、ハクル(キトゥル・ヤシの糖)、ビスケットなどを盛り、庭で摘んだ花、ココナツオイル、お香を持って、6時半ころ出かける。

 仏像までは歩いて3分。近くの商店のおじさんが、いつもきれいに掃除をしてくれるので、葉っぱひとつ落ちてなく気持ちいい。サンダルを脱いで上がり、虫が入らないよう設置されたガラスのケースの中に食べ物を置き、その横に花を供える。仏像のとなりにオイルランプのスタンドがあるので、ココナツオイルを注ぎ火をつけ、お香を供える。そして合掌…。

 家に帰って朝食を済ませたら、すぐに昼食の準備。今日は美咲が9時半頃から寝てくれたので、アンマと二人でぱぱっと作る。全部で6品。難しいのは塩加減。仏像よりも私たちが先に食べてはいけないので、途中で味見ができないのだ。

 スリヤンガが帰ってくるのを待って、11時過ぎに昼食を持って仏像に向かう。途中すれ違った近所の人は、私たちの手に持っているのが仏像に供える食事とわかっているので、皆お盆に軽く両手を触れ合掌していく。朝と同じように、食事をお供えし、ココナツオイルを足して、お香を供える。

9-8-5仏像ダーナカレー 9-8-5仏像ダーナ
 左:仏像にお供えする昼食。野菜のみ  右:オイルランプに火を点すスリヤンガ

 午後に村のミーティーングがあるからと、ターッタのカレーを持ってアンマは帰ってしまう。本当にアンマにはいつも助けてもらっていて感謝! 夕方は飲み物だけなので、紅茶とジュース、サマハン、コッタマリと水をお供えする。ふ~、これで今日の当番は終了。1ヶ月に一度で良かった。
スポンサーサイト


  
コメント

ご苦労様でした。
最初の当番がポーヤ・デーとは良い日でしたね。
忙しい時は大変かもしれませんが、宜しくお願いします。
---------- Saranankara. URL│08/06. 10:03 [ 編集 ] -----

Saranankaraさん

お寺参りはいつでもできますが、
特別な日がたまにあるといいですね。気持ちがいいです。
美咲にとっても、小さいうちからお参りの作法が身につくので、
いいことだなあと思っています。
---------- Reiko. URL│08/07. 00:29 [ 編集 ] -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- . │08/07. 18:07 [ 編集 ] -----

飲酒について

ポヤ・デーに飲む人はほとんどいないと思いますが、
(酒屋はお休み、レストランでもアルコールは出ません)
普段飲む人はいます。

ただし男性のみです。女性はお酒もタバコもご法度です。
一般的に、飲酒は良くないものという社会の認識があるのと、
お酒自体が高いなので、毎日飲む人は少ないです。
男性でもまったく飲まない人も多いです。

コロンボなどの大都市では、女性がお酒を飲むこともあるようですが、
(一部の裕福層です)、地方ではたとえ飲むとしても人目を避けて、
自宅でこっそりという感じです。

どうぞご参考まで。
---------- Reiko. URL│08/08. 02:44 [ 編集 ] -----

お手数おかけしました。

 コメント、有り難うございました。

 スリランカの仏教は、南伝仏教の伝統を堅持している為、在家信者の方は
アルコールとは無縁の生活を送っているものとばかり思っていたのですが、
方々のサイトを見るに付け、厳密にその戒めを護っている訳ではないのか?
と言う、些かショッキングな疑問がわきましたので、質問させて頂きました。

 私も4月頃からアルコールとは距離を置くように心がけ、6月からは全く
口にしない日々を続けています。ただ、最近、ちょっと目標を見失いがち、
と言うか、その意義を見失いそうになっていたものですから・・・。
---------- rt259-9852. URL│08/09. 22:38 [ 編集 ] -----

rt259-9852さん

日本よりは、仏教徒らしい生活を送っている人が多いのは事実ですし、女性を含めお酒を一切飲まない人も少なくありません。でも飲む人もいます。

戒律については、僧侶は守る義務がありますが、在家は守る努力をするというスタンスだと思います。そのため、ポヤ・デーは、仏教徒の祝日として、たとえ普段守れなくてもこの日だけはきちんと戒を守ろうとするわけです。
---------- Reiko. URL│08/11. 04:22 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/407-30f659f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。