ビーチをそぞろ歩き
 昨年好評だったので、今年も開催されたヒッカドゥワ・ビーチ・フェスタ。ちょうどイタリア在住のスリランカ人友人夫妻が帰ってきているので、我が家に泊まるように誘った。午後3時頃来るというので、美咲も連れてビーチに散歩に行こうと用意をして待っていた。しかし、一向に来ない。

 結局来たのは5時過ぎ。この時間のルーズさは、スリランカ式なのかイタリア式なのか!? とにかく暗くなる前に行こうと、急いでビーチに向かった。昼間のイベントは、コーラル・ガーデンズ・ホテルから北の、コーラルのあるビーチエリアがメインとなっている。

 スポンサーのカラフルな旗が潮風にはためいて、目にも鮮やか。ビーチを歩いているのは、ほとんどがスリランカ人で外国人は少ない。派手で露出度の高い服を着ているので、すぐにコロンボから来た人たちとわかる。彼らと比べると、ヒッカドゥワのあたりは田舎だなあと実感。

 ビーチは、日本の祭りのように、スナックや飲み物を売る露店が並び、とっても賑やか。私たちもコットゥミー(インスタントの焼きそばみたいなの)を食べたり、アップルアイスティーを飲んだりする。おまけに綿菓子好きの私は、スリランカで初となる綿菓子を思わず買ってしまった。が、これが失敗。

 気温が高いからなのか、ザラメの質のせいなのか、すぐに溶け始め、しかも海からの風が強く、綿菓子がちぎれて飛び、足などにくっついてしまう。綿菓子を急いで食べてもちっとも楽しくないが、早食い競争のようにみんなで平らげ、べとべとになった手を海水で洗った。

 ちなみに美咲は、波の音と人のざわめきに圧倒されてか、この日はいつになく静か。おとなしく抱っこされていた。

9-7-31ヒッカドゥワフェスタ
 オフシーズンとは思えないほど賑わうビーチ

 実はこのフェスタの人気は夜のイベントにある。チケットは数千ルピーと高いが、フェスタが始まる前に売切れてしまっていた。去年は地元の人間は、顔がきけばチケットなしでも入れたのに、今年はチェックがとても厳しく、チケットなしではどうにもならない。ちょっとだけようすを見てこようと思っていたのに、あきらめた。

 うわさでは、主催のスリランカ政府観光局がかなりもうかっているようす。ビーチの使用料もきっちり取り、ホテルを安く借り上げ観光局が高く売っているらしい。う~ん!この利益、きちんと国のものになるのだろうか。この調子なら来年もきっと開催されるだろう。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/405-63f734bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)