日本で購入したもの
 私たちの住んでいる町は、首都から2時間半ほど離れている。豊かな自然に囲まれての生活が気に入っているので、日本のような便利な生活は求めていない、というかあきらめている。実際、求めてもできないことが多いし。インターネットにつながっているというだけでOKだと思っている。

 普段は、必要最低限なものをスリランカで買って生活している。でも、せっかく日本に行くなら欲しいものがたくさんある。日本で生活している人にとっては「こんなものが?」と思うかもしれないけど、スリランカでは手に入りにくかったり、値段が高かったりする。

 その一部を紹介してみよう。

 ・出刃包丁
 ・水きり用のボウルとザル(プラスチック)
 ・タッパー
 ・皿洗い用のスポンジ
 ・美咲の体温計
 ・美咲のビニールプール
 ・紙おむつ

 スリランカに来て思うのは、とにかく台所用品がお粗末。コロンボに行けば違うのかもしれないが、ゴール周辺ではろくなのがない。包丁類は、すべて日本から越してくるときに持ってきたが、出刃は持っていなかった。三徳包丁で事足りるだろうと思っていたのだ。

 まさか、魚や鶏肉を骨ごとぶつ切りにする必要があるとは思わなかった。スリランカでは肉魚は骨付きは当たり前。ちなみに、ぺティナイフ数本(スリランカの野菜は小さいので、ぺティナイフのほうが切りやすい)、パンナイフ(1斤まるごとで売られていることが多い)は必須。

 加えて、プラスチック製品の質が悪く、値段が高い。間違いなく日本の100円ショップのほうが安いしいいものが見つかる。特にスリランカで買ったザルはすぐ壊れてしまうので、絶対に日本で買おうと思っていた。タッパーは言わずもがな。100円ショップは素晴らしい!

 スポンジは、スリランカの一般家庭で皿洗いをしたことのある人なら誰しも「使えないなあ」と思うのでは。泡立ちは悪いし、すぐへたれるし。日本のものを使うと、スリランカのは使えなくなる。

 美咲のものは、まず体温計。幼児にわきの下に体温計を挟んで数分動かない、というのは至難の業。本当は耳の中に入れて1秒で計れるタイプの欲しかったが高かったので、口もしくは脇で30秒というのを買った。ビニールプールは衝動買い。紙おむつはスリランカにもあるが、日本のは蒸れないので、外出用に1パック買ってきた。

 もし手荷物で持ち込める余裕があったら、買いたかったのは器類。スリランカにはノリタケのような洋食器は充実しているが、深さや丸みのある陶器が少ない。和食はもちろん、スリランカカレーもできれば暖かみのある陶器を使いたい。次回、スリヤンガも一緒に来られるときに、買おうと思っている。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/390-16530fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)