善意という名のおせっかい
 スリヤンガが最近、病気やケガが多いので、ホロスコープをみてもらったところ、悪い時期にあたっていることがわかった。早速、プージャ(儀式)をしてもらい、ヤントラ(お守り)を授けてもらうことにする。→以前の「ヤントラを授ける儀式のようす」

9-4-18プージャ 9-4-18プージャ花
左:マントラをとなえて力を授ける  右:庭で摘んだ供花。プルメリア(上)とスター・フラワー(下)

 ところで、このプージャを執り行ったのは、近くに住むアニル。ホロスコープを作ったり、みたり、いろいろなプージャを行うことができる。本人いわく、「神様の声を聞くことができる」そうで、その力を維持するため、菜食主義者であり、40を過ぎる年だが結婚する気はない。お金をもらっても、すぐお寺や貧しい人に寄付してしまうような人だ。

 人は良いのはわかる。ただ、頼まれもしないのに、勝手にホロスコープをみて、「こうしたほうがいい、ああしたほうがいい」と言ってくるのには閉口する。特に私にとって、ホロスコープは「運を上手につかむヒント」程度。まったく信じないわけではないが、ホロスコープに支配されてはいけないと思っている。

 もちろん、スリランカの習慣に従い、必要なときにはホロスコープによる縁起の良い日や時間を守ることはするが、自分自身のホロスコープ表は作っていないし、今の運勢をみて欲しいとも思わない。それなのに、私たちの日本行きにしても「6ヶ月後のほうがいい」とか、「ビジネスがもっとうまくいくプージャがある」「美咲が蚊に刺されないようにできるマントラ(真言)がある」とか、いろいろアドバイスしてくる。

 これがお金のためならはっきり断れるが、善意で言ってることがわかるので始末が悪い。今回も断りきれず、私たちが日本で無事に過ごせるよう、持って行くお金にマントラをかけてもらっている。とりあえずお守り代わりに持っていくとしよう。
スポンサーサイト


  
コメント

はじめてコメントさせて頂きます。

いろいろなブログ(スリランカ関係)に行けたのも、インパクトのある「スリランカに恋して」を読んでからです。(ありがとう ございます)

今日は「善意・・・」のコメントでなく申し訳ありません。
以前から、お伝えしょうと思ってた事なんですが、
以前「卵の薄皮で化粧水を・・・」を読んで以来ずっと作って使用してます。他のブログにもありましたが、Reikoさんのが一番良かったです。

これからも宜しくお願いいたします。
---------- あっちゃん. URL│04/26. 00:33 [ 編集 ] -----

あっちゃんさん

コメントありがとうございます。

「卵の薄皮の化粧液」使っていただいているのですか?
私もずっとこちらで愛用しています。
常夏のスリランカですが、真っ黒にはならないのは(少しずつ濃さは増してますが)、
この化粧水のおかげと思っています。

どうぞこちらこそよろしくお願いします。
---------- Reiko. URL│04/26. 02:42 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/373-dd9f1adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)