スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


虹がでた
 ヒッカドゥワを含む南西海岸は、11月から3月までが乾季にあたり、海が穏やかな時期。今は乾季だが、普通は時折ザーッと雨が降るものなのだが、今年の1月から3月にかけては本当に文字どおり「乾いた晴天」が続いた。

 空気は乾燥し、風邪をひく人続出。私もしばらくのどが痛くてセキが止まらなかった。(といっても、年中高温多湿のスリランカ。特にヒッカドゥワは海岸沿いなので、乾季でも海から湿った風が吹く。すっかり私はスリランカ人の感覚になってしまっているので、これで「乾燥」と言うと笑われてしまうかもしれないが…)

 ところで、最近になってようやく雨が降るようになった。ちょうどこれから雨季へ移り変わるときなので、今は降っても30分程度、それもパラパラといった雨だが、これから次第にまとまった雨が降るようになるだろう。

 今日は15時過ぎに雨が降り始めたが、すぐに止んでしまった。17時頃、美咲を抱っこして庭に出ると、南東の空に虹が出ているのが見えた。空はすでに暗くなりかけていたが、きれいなレインボーカラーが目にまぶしい。お天気雨が降ることも多いスリランカだが、意外虹を見る機会は少ないので、ラッキーな気分になった。

9-3-28虹 
久しぶりの虹。木が邪魔でちょっとしか見えないのが残念
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/363-0a2b4c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。