スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美咲のスリランカ・パスポート
 美咲は、20歳まではスリランカと日本の二重国籍を持てる。1月に日本のパスポートを作ったので、今日はスリランカのパスポートを作りに、マータラにある出入国管理局に行ってきた。

 コロンボの本局はいつも大勢の人でごった返しているが、マータラ支局はエアコン完備のきれいな建物で、人も少なくすぐに手続きができるので便利。ビザセクションはないので、私のレジデンス・ビザの手続きはできないが、パスポート関係は今後もマータラに来るとしよう。

 美咲のパスポート申請に必要なものは、
①申請書
②写真3枚(裏にG.S.などによる確認のサインが必要)
③出生証明書とそのコピー
④両親の同意書
⑤両親のパスポートコピー

 そのほかに、私たちの婚姻証明書も持っていったが、不要だった。④の同意書は、特にフォーマットはないので、私たちはそれぞれA4の紙に、「娘のパスポート作成に同意する」と書いて、サインをし、提出した。英語でもシンハラ語でも可。

 1週間後の作成で、手数料は2500ルピー。受け取りか郵送か選べる。思っていたより簡単に手続きが済んで(約10分!)びっくり。これがコロンボだったら、何時間待たされたことやら。出入国管理局の支局は、マータラの他に、キャンディ、アヌラーダプラにもある。 *詳細については出入国管理局にご確認ください

 追記。この日、今年の1月にパスポートが切れてしまったスリヤンガも、延長の手続きをしたのだが、あまりの簡単さにあ然! 申請書に記入し、古いパスポートとIDカードのコピーを提出し申請完了(手数料1000ルピー)。30分後に古いパスポートを返される。

 その古いパスポートの4ページ目に、新しいパスポートNOと「このパスポートの有効期限は○○年まで延長されました」という文字が印字され、サインがしてあり、これでその期間まで使えるのだという。つまり写真の入ったページはそのまま。そのページだけ見ると有効期限が切れているので、海外の担当者は間違えそうだけど、スリランカ以外にもこんなシステムの国があるのかな? 
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/360-199678f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。