スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No More 家作り
 コロンボから南に走る国道A2号線、ゴール・ロード。ヒッカドゥワはビーチからすぐのところに道路が走っているため、両脇にびっしりとホテルやゲストハウス、レストラン、土産物屋が並んでいる。

 歩道もなく、一車線のそんなに広くない道路を、バスやトラックがビュンビュン走り、無理な追い越しをしていく。毎年、数名の人がヒッカドゥワ・エリアの道路で車にひかれて亡くなっている。運転の危険さに加え、騒音、排気ガスもひどい。のんびりリゾートを楽しむ場所にはふさわしくない。

 そこで、10年以上前から、ゴール・ロード沿いの人から、新しい道路をもう少し内陸に作り、国道を移してほしいとの要望が出ていて、政府が検討しているという。イメージはニゴンボ。しかし、すでにヒッカドゥワの内陸にはたくさんの家があり、立ち退き交渉が難しく計画が頓挫していた。

 そして最近、その計画が再検討されていて、なんと我が家が新しい道路の予定地に引っかかるという話を聞いた。ヒッカドゥワの役所に勤める人からの情報で、計画実行のための会議を重ねているらしい。

 「そうなったら我が家はどうなるの?」とスリヤンガに聞くと、政府が土地を買収するので、私たちはまた新しく土地を買って、家を建て直さなければならないと言う。「うそでしょう!?」と私は絶句。家の完成(ほぼ)に4年。どんなに大変だったか。あれをまたやらないといけないのか!

 家の作りは、基礎工事から、電気、水まわりの配線まですべてわかっているので、「次に家を作るときは、今よりずっといいのを作れるね」なんて、冗談まじりに言ったことがあった。だからって、本当に作ることになるかもしれないなんて!

 しかも、今の家の周囲の、緑いっぱいの素晴らしい景色が気に入っているのに、それ以上の土地が見つかるのだろうか? 今までの家作りの場面が走馬灯のように頭に浮かび、あの苦労をもう一度と思うと一気にブルーになった。

 ところで、「肝心のお金はどれくらい出るのか?」 だが、相場の3倍くらいらしい。単純に金銭的にみると悪くない話だが、本当に土地の買収だけでそんなに予算があるのか疑問。今予定されているのは、シーニガマ(海に浮かぶ小島にお寺がある場所)から、私たちの住むティラーナガマの次のジャンクション、クマーラカンダまでの区間、約6キロ。

 その後、よくよく話を聞いたら、今回の話もたぶん頓挫するとのこと。予定地に「3000万かけた!」というスリランカ人の豪邸があって、とても彼らに買収のためのお金を払えないだろうというのが理由。ホッ! 良かった。どうか、このまま立ち消えになりますように!
スポンサーサイト


02/26. 00:00 [ 家作り ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/348-fdbb5b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。