スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本食パーティー
 カナダから遊びに来ているホール夫妻。日本食をごちそうすると言っておきながら、ずっと忙しくてそのままになっていたが、ようやく今日パーティーを開くことにした。

 「外国人においしく食べてもらえる日本食を」と考えたメニューは、炊き込みご飯、餃子(水餃子と焼餃子)、お好み焼き、蓮根と人参のきんぴら、ポテトとマカロニのサラダ、ビーツの梅酢和え、抹茶ゼリーwithバニラアイス。プラス、日本人のKさんが煮込みハンバーグを作ってきてくれたので、けっこうにぎやかなメニューになった。

 今日のパーティーは全部で8人。日本のように材料が簡単に手に入らないので、ないものは工夫し、自分で作らないとならない。朝から下ごしらえにかかり、材料を切ったりゆでたり、マヨネーズや餃子のたれなどを作っておく。

 一番手間がかかるのが餃子。夕方にKさんが助っ人に来てくれたので、我が家に滞在中のEくんと二人、皮作りをお願いする。その横でスリヤンガはアンブル・ドダン(グレープフルーツのような柑橘類)を絞り、ジュースを作る。今日のメインのお酒はウォッカなので(ホール夫妻の好み)、このジュースで割ったらおいしいだろうと、買ってきてもらっておいたのだ。

 7時頃になりホール夫妻が到着。いつもなら寝ている時間の美咲も、いつもと違う雰囲気を察してか眠らず、ご機嫌でホール夫妻を迎える。私たちはまだ餃子作り。そうこうするうちに、ドイツ人のピーターやスリランカ人のキンスリー・アイヤも着いたので、急いで料理を盛り付ける。

 餃子をゆでたり焼いたりと、パーティーが始まってからもたびたび席を立ってキッチンに行っていたのでそのときはわからなかったが、後でスリヤンガに聞くとみんなおいしいと食べてくれたようす。口に合ったようで良かった。

 「食べられない人続出かも」と、ダメもとで作ってみた抹茶ゼリーも意外や意外、とても好評で、普段緑茶は飲めないスリヤンガ、キンスリー・アイヤもおいしいと食べていた。ゼリー自体に甘みをつけたのと、バニラアイスと一緒というのが良かったみたい。

 気のおけないメンバーで過ごす時間はあっという間。23時近くになってお開きになった。次にホール夫妻が来るのが2年後。「そのときにはまた家族が増えているかもね♪」なんて言われたが、本当に2年後私たちの生活はどうなっているだろう? 1年先だとあまり変わらない気がするけど、2年となると大きな変化があってもおかしくない。再会して、その間のことを報告し合うのを楽しみとしよう!
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/340-e17459dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。