スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初!ピアス
 普通スリランカでは女の子が生まれると、生後3ヶ月くらいでピアスの穴を開ける。痛みもなにもわからないから、早いほうがいいよと言われたが、耳たぶが小さすぎる気がしてそのままにしていた。スリランカ人は、ピアスをつけているか、いないかによって、男の子か女の子が判断するみたいで、ピアスがまだの美咲は、女の子らしい洋服を着せていても、決まって「息子?」と聞かれていた。

 乾季に入ったし、そろそろいいだろうと、例のごとくホロスコープを見てもらう。それによって穴を開ける時間は、今日の午前9時47分と決まった。

 スリヤンガが数日前にドクターのところに行って話をしてきているので、10分前に着けばいいという。シャワーを浴び、額にドットをつけて、ヒッカドゥワ駅前のクリニックに向かう。

 待っている患者さんがたくさんいたが、こういう場合は優先らしい。時間ぴったりにドクターが穴を開ける。私は日本のように、ホッチキスのような穴あけ器でするものと思っていたので、ドクターがピアスを耳にあて、手でそのままプスッと開けたのには驚いた。もちろん美咲は大泣き。

9-1-28美咲ピアス2

 消毒をしてもらった後は、頭に白い布を巻いてクリニックを出る。これは開けた直後のピアスを人に見られるのはよくないため。その後3日間は、家族以外には見せてはだめなので、人目があるときには布で隠さないといけない。

 美咲は泣いたので疲れたのか、帰りのトゥクトゥクの中でぐったり。この日はアンマやターッタだけでなく、外塀作りの職人さんも来ていたので、ピアスを見せないため、美咲は部屋の中で1日遊ばせる。

 これで必要な儀式はひと通り終わったので安心。美咲、お疲れさま! 

9-1-28美咲ピアス 9-1-28美咲ピアス3

左:帰りのトゥクトゥクでぐったりの美咲
右:すっかり穴あけのときの痛さも忘れ、ご機嫌の美咲。ピアスは3日間、他人には見せてはダメなので、外に出るときはこのスタイル


スポンサーサイト


  
コメント

ピアス開けたんですね。かわいいやろなぁ。
噂には聞いてたがほんまやねんな~~
そのままぶちってするって・・・
うちも赤ちゃんの頃に開けておけばよかったなぁと思ってます。

むすめが6ヶ月頃、日本で病院で開けてもらおうと行ったら断られてしまいました。
文化の違いですね。

---------- ASAKO. URL│02/17. 15:49 [ 編集 ] -----

ASAKOさん

「まだ首もすわらない赤ちゃんに、ピアスの穴を開けるなんて!」と思っていましたが、まだほとんど動かないし、耳たぶもやわらかいし、確かに開けるのが簡単なのだと思います。

やっぱり日本だと、赤ちゃんにピアスは抵抗あるんでしょうね。文化の違いって大きいですね。
---------- Reiko. URL│02/17. 23:57 [ 編集 ] -----

そのままブスっと・・・
恐ろしい~。
そのうち美咲ちゃんのピアス姿、UPしてくださいね~。
カワイイでしょうね。
---------- ウルビタ. URL│02/18. 23:03 [ 編集 ] -----

ウルビタさん

実は前日に、主人があわててピアスのねじの部分を、細く尖らせるように加工してもらってました。なので、多分痛みも一瞬だったろうと…。

そういえばピアスまだUPしてませんでしたね。
写真撮ってみます。
---------- Reiko. URL│02/19. 00:56 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/339-f913858b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。