スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スッダ家出
 友人のワサンタから、スッダが家出をしたという電話があった。スッダはスリヤンガより年上で、9歳の息子もいるれっきとした家庭持ち。なのに、家出。理由はよくわからないが、どうも奥さんとけんかして家を飛び出したらしい。

 奥さんが家出ならともかく、旦那さんが家を飛び出すなんて、思わず笑ってしまうけど、意外にスリランカではよくあること。ちなみに我が家にも数年前、ポロンナルワ(バスで片道8~10時間かかる)から友人が家出してきて、1週間ほど我が家に居候していたことがあった。

 実はスッダが家を飛び出した日、スリヤンガの携帯にスッダから着信があった。が、そのときスリヤンガは芝生を刈り中。きっとスッダは我が家に来たかったのだろうに、そのままになってしまっていた。

 今日で家出3日目。もしかして自殺してしまったのではないかと、奥さんや兄弟は警察にも捜索届けを出し、必死で探しているらしい。

 そして、お昼ごろ。ふらっとスッダがやって来た。昼食を食べながら話を聞いたところ、奥さんとの口論で思わず家を飛び出したが、しばらく散歩して帰るつもりだったのに、ちょうどバスが来たので乗ってしまったらしい。

 ゴールまでのバスに揺られている間、せっかくだからカタラガマまで行こうと思い立ち、そのままバスを乗り継いでカタラガマまで行ってきたという。

 ちなみにカタラガマは、どの宗教のスリランカ人からも信仰を集めていて、どんな願いごとでもかなえてくれるというパワフルな神さま。でも、ゴールからはバスで片道5時間あまり。勢いで行くような距離じゃないんだけどなあ。

 結局カタラガマに着いたのは夜になってしまったので、その日はバススタンドで夜を明かし、朝のプージャ(祈願するための儀式)に参列し、またバスを乗り継いで帰ってきた。でもそのまま家に戻るわけにもいかず、知り合いのお寺を頼って、2晩泊めてもらったらしい。

 そして我が家。家に帰りたいけど帰れないので、なんとかスリヤンガに間に入ってもらい、うまく奥さんと仲直りしたいんだそう。そこでスリヤンガが電話をし、夕方奥さんに我が家まで来てもらうことにした。

 安心したのか、シャワーを浴びぐっすり昼寝をするスッダ。しばらくすると、ワサンタのトゥクトゥクがやって来た。スリヤンガは「奥さんだけ」と言ってあったのに、なぜかその後にバイクが数台。気付けば、奥さんと息子、奥さんの友人と息子、スッダの兄、弟、友人3人が来ている。

 まったく!そんなにおおげさにするから、本人が余計帰りにくくなるんじゃない!と思ったが、スリヤンガがうまく奥さんに説明し、二人をとりなす。奥さんは怒るどころか、本気で心配していたので、仲直りはスムーズにいった。

 後からスリヤンガが、「まるでテレビドラマみたいだったね」と笑っていたが、本当にそんな感じ。まあまあ、丸くおさまって良かった。もう家出なんかしちゃだめだよ、スッダ!
スポンサーサイト


  
コメント

笑ってしまいました(笑)
ほんまドラマみたいですね!
なにもなく無事で良かったですが・・

ほんま年を重ねても、周りのことを考えない行動が幼いなぁと。
スリランカの女性はそんなことないのに、どうして男性は
いつまでたっても幼いんだろう??
私の永遠のテーマです・・・(笑)
---------- ASAKO. URL│01/26. 10:00 [ 編集 ] -----

ASAKOさん

確かに、「精神的に幼い」成人男性が多いような(うちの主人も含め)…。今回の家出は、地元ではけっこう大騒ぎだったんですよ。「自殺するかも」って。でも聞けばたいしたけんかでもなかったので、私たちは「そのうち我が家に来るよ」って言ってたのですが、本当に姿をあらわしたときは笑ってしまいました。うちは、私が外国人なので、こんなときにはいい隠れ家なんだそうです。
---------- Reiko. URL│01/27. 01:06 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/333-8480f142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。