スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然の来客
 新年早々、友人Tくんからメールがあった。彼の友人がスリランカを旅行するので、家に泊めてあげてとのこと。「いいよ」とTくんに返事をすると、友人のSさんからメールがあって、今日の午後スリランカに到着するという。空港からそのまま我が家に向かうとのことなので、夕食時に着くだろうと食事の用意をしておいた。

 18時頃、空港のタクシーで到着。スリヤンガはしょっちゅう空港にお客様を迎えに行っているので、空港待ちのドライバーとは顔なじみ。そのドライバーも知っている人だったらしい。我が家周辺は、夜になるとわかりにくい道だが、すんなり到着して安心した。

 日本人女性Sさんとフランス人のご主人は、北フランスに住んでいて、この数ヶ月インド~スリランカ~日本と旅をする予定だそう。ご夫婦で長期旅行なんてうらやましい。ひさしぶりにインドの話を聞いて、私も行きたくなった。私が最後にインドに行った6、7年前に比べると、北だけでなく南インドも大きく変化しているらしい。美咲がもっと大きくなって、免疫力がついたら、連れて行きたいと思っている。

 夕食後、ちょっと仕事を片付けて、眠る前に美咲におっぱいをあげていると携帯電話が鳴った。午前0時半。日本からの電話番号。誰だろう?と出てみると、1月17日からホームステイを予約していたEさん。今夜スリランカに到着し、コロンボ市内のゲストハウスを予約してあったが、タクシーで向かったところ、すでにゲートが閉まり、電話しても出ないので困っているとのこと。

 深夜だと普通のゲストハウスは難しいので、今晩だけ24時間レセプションが開いている中・高型ホテルに泊まってはどうかとアドバイスすると、可能ならヒッカドゥワに向かってどこかに泊まりたいという。

 でもその時間からだと、ヒッカドゥワ到着は早朝3時過ぎ。飛び込みでホテルやゲストハウスに泊まるのは難しい。ともかく我が家に来てもらうことにし、大急ぎで部屋を用意する。

 そんなこんなで、突然2組のゲストが泊まることになった。お正月から入れ替わり立ち替わり、いろんな人が我が家に泊まりにきている。今年もにぎやかな一年になりそう。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/332-79467121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。