蚊対策
 スリランカでの赤ちゃんに対する一番の脅威は、なんといっても「蚊」! デング熱など下手すると「死に至る病気」の可能性もあるので、注意が必要。ちゃんと赤ちゃん用の蚊帳が売られている。

 写真左は生後2ヶ月半のときの写真。まだまだ蚊帳が余裕だった頃。しかし6ヶ月を過ぎると、両手を伸ばすと楽々蚊帳を触れるほど大きくなり、すぐに蚊帳を持ち上げてしまうのでまるっきり役に立たなくなった。

 日中ずっと美咲のそばにいて、蚊がこないか見てあげられる人がいればいいが、私とスリヤンガだけのときは無理な話。かといって、蚊帳がないところで遊ばせておくのも怖い。

 そこで、折りたたみ式で床にも置けるタイプの蚊帳を買った。トリプルサイズなので、スリヤンガも一緒にお昼寝できる大きさ。タイルの上にゴザをひいて、ベッドシーツををかけてゴロン。涼しくて気持ちいい。

 ところが、なぜか美咲にはお気に召さないようす。私やスリヤンガが一緒のときはいいが、一人にすると私たちを呼んで叫ぶ。泣いてはいないが、けっこううるさい。まだ慣れないからだろうか。これがダメだと、次の手がないんだけどなあ。

8-12-19蚊帳2 8-12-19蚊帳 
 左:まだお寝んねばかりしてた頃(4ヶ月前)  右:またしてもパパが先に寝てる!(現在)

スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/326-9121d13e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)