餃子パーティー
 先日のたこ焼きパーティーに続いての第二弾!餃子パーティーを開催。スリヤンガと二人だと、そこまで気合を入れて作らないような料理でも、一緒に作って食べるゲストがいると別。いくら手間がかかっても、楽しく作れるのでいい

 スリヤンガが豚肉は食べないので、鶏肉で代用。知り合いの肉屋さんでミンチにしてもらう。具には小口ねぎとキャベツをたっぷり入れ、隠し味にみそをちょっと加える。

 皮も手作り。スリランカだと小麦粉は一種類。中力粉に近いのでちょうどいい。しっかり練って生地を休ませた後、薄く丸くのばしていく。これはKさんが担当。その横で私が具を包んでいく。

 すべて適当な分量で作ったら、52個の餃子ができた。エビピラフも作ったので、4人分としては足りないことはないだろう。

 餃子は水餃子と焼き餃子にする。たれは時間がなくてラー油を作れなかったので、長ネギと乾燥させたコッチ(小さいサイズのチリ。より辛い)を細かく刻み、しょう油に入れた。私はたれに酢をたっぷり入れ、スリランカにきて初めての餃子を堪能した。

 あまりのおいしさに、お酒を飲むのも忘れ、会話もせず、私とKさんは黙々と食べる。ほっと一息を入れて、「そういえば!」と初めて餃子を食べるスリヤンガに感想を聞いてみると、「おいしい(特にたれが)」とのこと。

 インドには「キーマカレー」というひき肉を使った料理があるのに、なぜかスリランカ料理にはない。今までなんとなくひき肉を買うことがなかったが、もともと私はひき肉料理大好き。これからいろいろ作ってみよう。

 ちなみにこの時少し残った鶏ひき肉は、翌日しょうがをたっぷり入れてそぼろにしてみた。これもスリヤンガは気に入ったよう。いり卵とインゲンのおひたしを作って、いつものカレーのように、一緒に混ぜて食べたがおいしかった。
スポンサーサイト


10/29. 00:00 [ 食べ物 ] CM2. TB0 . TOP ▲
  
コメント

ご無沙汰しております。
そういえばスリランカには結構中華料理店が多く、ローカルな食堂でも普通に中華料理を出していたのが印象的でしたが、炒め物系が中心で、あまり餃子とかシューマイの類は見かけませんでしたね。スリランカの人々もあまり餃子とかは見たコト無いのでしょうか。

先日目黒のスリランカ料理店に行きました。インド料理と変わらずナン&カレーだったし、キーマカレーもあって、あれれ、スリランカと言ってもタミール族料理なのかなーとか、ちょっと考えちゃいました。美味しかったですけど(笑)。
---------- Ling Mu. URL│11/02. 11:28 [ 編集 ] -----

Ling Muさん

 こちらこそご無沙汰しております。
 ローカルな食堂にある中華系のメニューというと、フライドライス、フライドヌードル、デビルド・フィッシュorチキン、空芯菜の炒め物などでしょうか。もちろんコックたちはスリランカ人なので、かなりスリランカ風になっています。

 コロンボの本格的な中華専門のレストランでも、点心のメニューは少ないです。私は餃子や小龍包が大好きなのですが、豚肉を使うからか、ないところもあります。我が家も主人が豚・牛はだめなので、鶏ミンチで作るしかありません。

 あっでも、スリランカのスナックで、春巻きのような「ロールス」、揚げ餃子のような「パティス」があります。皮はかなり厚めで、具はカレー風味ですが。

 日本ではまだまだスリランカ料理の認知度は低いですよね。ナンは北インド料理で、南インド(タミルナドゥを含めて)はスリランカと同じようにライスをよく食べます。私も目黒のスリランカレストランに行きましたが、インド・スリランカ料理メニューでした。カボチャのカレーがおいしかったのを覚えています。
---------- Reiko. URL│11/05. 22:27 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/310-3f01f9db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)