スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お寺へお礼まいり
 昨日で美咲が生まれて3ヶ月。出産前に安産をお願いしたお寺に、美咲を連れてお礼まいりに行った。

 3ヶ月といえば、日本だったらもうあちらこちらと外出を始めていると思うが、スリランカではこの3ヶ月後のお参りが終わってからでないとダメ。でも私たち、先月末に出生届を出しに、コロンボの日本大使館まで遠出してしまったが、お参りを待っていては届出の期限が過ぎてしまうので、例外としてアンマに許しをもらったのだった。

 お参りに用意したものは、フルーツ盛り合わせ。前日にスリヤンガが買ってきたフルーツ、マンゴー、スイカ、リンゴ、ブドウ、パイナップル、バナナ、ウッドアップルを、朝洗い、必要なものは皮をむき食べやすい大きさに切って、平たい入れ物にきれいに並べる。

 出かける前に美咲をお風呂にいれ、白い洋服を着せて準備完了。フルーツセットの他に、キングココナッツと、いつものお寺参りセットである花、線香、ココナツオイルを持っていく。

 まずサンダルをぬいで境内に上がり、手を洗って仏塔、菩提樹、仏像の順にお花をお供えし、オイルランプ、線香を灯す。普通お寺へのお参りは夕方からと思っていたが、午前10時だというのにけっこう人が来ていて驚いた。すでに強くなってきた日差しの中、皆熱心にお参りしている。

 お寺へのお参りが終わったあと、境内にあるカタラガマ神の神殿にプージャをお願いする。小さな神殿には、すでに10数人の人が順番を待っていたが、赤ちゃんを抱いていたからだろう。「どうぞお先に」と一番先にプージャをしてもらえることになった。

 私たちは出産前にも、この神さまに安産と生まれた子どもの健やかなる成長をお願いしていたので、そのお礼まいりとなる。祭司のおじさんは、私たちそれぞれの名前を聞き、ちゃんと名前を読み上げながら、神さまに報告をしてくれる。

 一度神さまにお供えしたフルーツ盛り合わせは、半分ほどをお下がりとしていただいたので、その場にいた人たちにおすそ分けをして食べてもらう。私も縁起物としてブドウを一粒口に入れた。

 美咲はスリングが気持ちよかったのだろうか。お寺ではずっとスヤスヤ眠っていた。さて、これで一安心。ブッダ、カタラガマ神が見守ってくれるので、これからはどこへでも出かけることができるようになった。

8-9-11プージャ2
神殿の中で祈祷を受けているところ。私の腕には美咲が…
スポンサーサイト


  
コメント

3ケ月も外出できないとは。。。驚きです。
主人もお寺に行かないと外出しちゃダメとは言ってましたが、3ケ月とは言ってなかったので、
うちは1ケ月のお宮参りの代わりにお寺参りして、外出OKがでました。
日本では1ケ月過ぎれば、外気浴した方が呼吸器なんかが丈夫になる?とかで外出すすめられたりしますけどねえ。
子育てって国によってけっこう違いますね。
赤ちゃんは体温調節がまだうまくできないから、肌着は夏でも2枚着せたりしますけど、主人的には、暑くてよく眠れないから1枚で十分だと。スリランカではみんな2枚も着せてないよと。2枚も着せるからあせもができるんだと。。
だって病院でも2枚だったし、昼間はともかく寝るときに1枚って。。かぜ引くんじゃないのぉぉ。と私は思っちゃうんですけどね。
そんなちょっとした事も違うんですよね。まぁ個人差もあるとは思いますが。
子育て方針でケンカにならないように気をつけなくてはと思いますv-388
---------- ウルビタ. URL│09/21. 09:13 [ 編集 ] -----

ウルビタさん

うちも毎朝、庭を歩いて外気浴をさせていました。ドクターには日光浴もすすめられましたが、スリランカ人に比べると娘は見るからに肌が弱そうなので、しないようにしました。

スリランカの赤ちゃんは、薄いぺらぺらの生地の「金太郎の腹掛け」みたいなのを着ているだけなので、最初は日本から送ってもらった薄手の服を着せていたのですが、それでも暑がるので、今はスリランカ式の服を着せています。そのせいか、あせもひとつなくきれいな肌です。ただすぐ汗でべとべとになるので、まめにシャワーしたり、体をふいたりする必要がありますが。

まずはその国のやり方を真似するのがいいのかもしれませんね。まさに「郷に入っては郷に従え」です。
---------- Reiko. URL│09/21. 23:53 [ 編集 ] -----

『郷に入っては郷に従え』
私もそうなんだと思いました。
 
少し話が違うかもしれませんが・・・・
ミルク、タマゴアレルギーの数値が高かった私達の子ども
もちろん、凄い反応が出るんで避けていました。
1歳になればほぼ皆大丈夫になるから・・・と言われ慎重だった私。
子供二人ともそれぞれ1歳頃にスリランカに行った時、子供達が好きなチーズがこの子だけ食べられないのは可愛そうだ、とアンマが私がその場に居ない隙にチーズを食べさせていたのにはビックリ!!食べなければずっとアレルギーのまま、少しずつ食べさせればいいよ。っていきなり丸々1個
まだ普通の粉ミルクを飲むと何らかの異変があったんでコレには声を上げて『エパーッ』でした。
確かに少し発疹が出たもののそれから摂取する事ができる様になりました。結果 all rigiht だったんですけどね、スリランカっぽい強引さにはお手上げです。

日本に居ても主人はスリランカ式を取り入れようとします(子育て、食・・。)
彼にこそ言いたい!!
『郷に入っては郷に従え』とv-219
確かにもめますよね~
---------- ニッシャン. URL│10/01. 12:18 [ 編集 ] -----

ニッシャンさん

スリランカの人には、アレルギーとかアトピーがどういうものかわからないんでしょうね。以前にアーユルヴェーダドクターに聞いたときには、「スリランカにはない!」と言っていたので驚きました。

スリランカ式の子育ては、ときどきとても荒っぽいので、ついつい「そんなこと日本ではしない!」と言ってしまいがちなのですが、「私たちが神経質すぎるのかな」とも思ってしまいます。

「郷に入っては郷に従え」と言いつつ、なかなかスリランカ式にはできないでいます。私もアレルギーには気をつけなければと思っていますから…。



---------- Reiko. URL│10/04. 03:06 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/298-54d144cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。