日本大使館への出生届
 美咲の日本大使館への出生届の期限は9月9日。これを過ぎると日本国籍をなくしてしまう。うちからコロンボまでは片道2時間半。美咲を連れていくことを考えるとなるべく大きくなってからと日を延ばしていたが、そろそろ日がせまってきたので日本大使館に行くことにした。

 必要書類は、スリランカの出生証明書とその日本語訳(自分で訳したものでいい)、あとは日本大使館でもらえる出生届に必要事項を記入し、戸籍謄本と一緒に提出する。

 注意すべき点は、出生届には印鑑が必要なのと、生まれた場所を記入する欄があるので、病院名と住所がわかるようにしておくこと。事前に電話で尋ねたときには、婚姻証明書も必要とのことだったが、特に言われなかったので提出しなかった。

 これらの書類を日本大使館経由で日本の役所に送り、1ヶ月ほどで手続きが終了予定。特にその後大使館からは連絡がないので、適当な頃合に本籍のある役所に問い合わせをして確認をする必要がある。

 これでめでたく美咲も日本国籍を持てるはず。次はパスポートを作らなきゃ。

*スリランカで子どもが産まれた場合、出生後3ヶ月以内に
日本大使館に出生届を出さないと日本国籍を失ってしまうので注意!

■必要書類
・スリランカの出生証明書
・その日本語訳
・出生届(日本大使館に用紙がある)

■あったほうがよいもの
・印鑑
・戸籍謄本
・婚姻証明書

詳細は在スリランカ日本大使館までご確認ください!
スポンサーサイト


  
コメント

mamiさん
出産後は忙しいので、うっかりしていると3ヶ月なんて過ぎてしまいそうですよね。でもそうなると、裁判所に申し立てをして受理されないと日本国籍がとれなくなってしまうのです。海外だとサインが普通なので、印鑑は忘れがちですが、公的な書類にはやはり必要なのです。確かに日本らしいですね。印鑑はあっても朱肉が見つからず、大使館でお借りしました…。
---------- Reiko. URL│09/01. 00:44 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/292-5181fd1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)