ついにぶっ倒れる
 7月後半からこのお盆までは、まさに怒涛のごとく駆け抜けた感じ。昼間は娘の世話と来客の相手に追われ、夜ようやく娘が寝るとたまった仕事を片付けるという一日。「娘が寝たら一緒にお昼寝」どころの騒ぎではなく、夜中まで寝られない日が続いた。

 とどめは7月30日からのヒッカドゥワ・フェスタ。なんとスリヤンガが、以前働いていたレストランの助っ人に呼ばれ、一日中不在。それこそ自分のお茶をいれて飲む暇もない状態が数日間つづいた。「そろそろやばいなあ」と思っていたら、案の定8月5日にぶっ倒れた。

 この日もスリヤンガは留守。昼すぎ、娘をお風呂に入れて、簡単な昼食を済ませると体がぞくぞくする。すぐにスリヤンガの携帯に電話をいれ、「熱が出そうだからすぐ帰ってきて」と伝える。私の風邪のパターンであるのどはなんともないし、セキも鼻水もでてない。多分極度の疲れからきたのだろう。

 ともかく、娘の寝ているベッドの隣に横たわるが、寒くてガタガタする。布にくるまるが一向に温かくならない。足が冷たくて、隣の部屋まで靴下を取りに行きたいのにそれもままならない。熱をはかってみると39度5分。37度を超えるだけでふらふらするほど熱に弱い私には限界に近い。

 「早くスリヤンガよ帰って来い」と願うが、いっこうに帰ってこない。しかし娘は何か感じたのだろうか。いつもなら「抱っこして」とぐずぐず言うのに、この日はおっぱいだけ飲んでいい子にしている。ようやく5時近くになってスリヤンガが帰宅。すぐに煎じ薬を作ってもらう。

 熱のため座るのがやっとの状態で、娘が重くて抱っこすることができず、クッションを重ねてその上に娘を寝かせて、やっとの思いで授乳する。このあたり、あまり記憶がない。おむつ替えはスリヤンガに任せる。

 夜中を過ぎて、ようやく汗が出て熱がちょっとひいて体が楽になった。と思ったら、今度はスリヤンガが頭が痛いと言い出す。おでこを触ると熱い。熱があるらしい。この日はスリヤンガに助けてもらおうと思ったのに、「なんで一緒に具合が悪くなる!」と腹が立ったが仕方がない。私以上に熱に弱いスリヤンガは完全にダウンしたまま。結局私ひとりで娘を世話することになる。

 翌日、アンマにSOSを出してすぐに来てもらい、二人してクリニックに行って薬をもらってきた。この薬がきいたのか、何もしないで寝てたのがよかったのか、すぐに熱は下がった。

 今後気をつけなければ。やっぱり年なのね。無理はできない。
スポンサーサイト


  
コメント

すぐに熱がさがってよかったですね。疲れは忘れた頃にやってくるのですから、なるべく 沢山休養をとるようにしてくださいね。
---------- mami. URL│08/17. 23:14 [ 編集 ] -----

mamiさん
いつもはもっと長引くのですが、今回は「娘のために!」と気合で治したような気がします。おいしい食事とたっぷりの睡眠は大事ですね。
---------- Reiko. URL│08/18. 01:28 [ 編集 ] -----

今は調子よくなりましたか?
私もスリランカにいた頃、ナンギの結婚式のあと高熱が出て大変でした。その時娘2ヶ月でどうやって授乳したのか覚えてないぐらいでした。
主人に飲ましてもらった白い少し大きめのお薬が効いて次の日には
うそみたいにスッキリしてたのを思い出します。(そのお薬は常備薬みたいで家に置いてあるそうです。)
ほんと長女は夜になるとよく泣いてました。暑いからかな。
reikoさんもお身体大事にね。
---------- asako. URL│08/18. 11:00 [ 編集 ] -----

asakoさん
ありがとうございます。もうすっかり良くなりました。
asakoさんがのんだ薬は、「パナドール」では?スリランカでは頭痛、風邪にはまずパナドールをのみます。我が家にももちろん常備してありますし、薬局だけでなく、商店でも買えます(必要な数だけバラ売りしてくれます!)確かによく効くんですよね。子ども用にもパナドールシロップがあり、娘のためにこの間買ってきました。予防接種で熱が出たときにのませることができるそうです。
---------- Reiko. URL│08/19. 01:54 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/289-8f99ec1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)