スリランカの新年
 スリランカに来てから迎える4回目のお正月。今まではすべて新年になる時間が早朝だったので、朝、家で新しい火をつけてから、すぐにスリヤンガの実家に向かい、その後の初めて食事をする時間はアンマやタータ、マッリと一緒に行っていた。

 ところが、今年は「台所で新しい火をおこしキリバットゥ(ココナツミルクライス)を作る」時間が夕方の6時54分、「食事始め」の時間が夜の8時10分という時間。夜真っ暗になってから帰ってくるのもよくないので、今年は実家には行かず自宅で食事を用意することになった。

 まったく星占いによって決めるなんて不都合だけど従うしかない。火も水も使わず静かに過ごしていなければならない不吉な時間帯が、去年までは夜だったので生活に支障なかったが、今年はお昼の12時5分からスタート。朝から大忙し。それまでにいろんな雑用は終わらせておかないとならない。

 スリヤンガは朝から「新年のゲームをやる」と、我が家に滞在中のHちゃんを連れて実家に行ってしまったので、一人で過ごすことに。11時過ぎに早めに昼食を済ませ、台所をきれいにし、シャワーを浴びる。その後はベッドでのんびりする。この時間帯は、災いを避けて寺院で過ごすのが良いとされているくらいなので、絶対に家に人が訪ねてくることがないので安心。

 夕方、スリヤンガたちが帰ってくる。珍しくスリヤンガはゲームに勝ったらしく上機嫌。Hちゃんは?と聞けば、ランチのあと眠くなり、スリヤンガの実家で昼寝をしてたとのこと(笑)。確かに、今日は穏やかないいお天気だったし、静かだから昼寝には最適。でもそれだったらうちでも良かったのに。私も結局本を読みつつ昼寝をして過ごしてしまった。

 時計を見るとまだまだ新年までは時間がある。紅茶を飲んでゆっくりしたいところだが今は火も水も使えないのでダメ。じっと18時54分を待つ。18時過ぎからより正確に時間をチェックするためテレビをつける。番組ではスリランカ各地での新年を迎える準備のようすを映し出している。

 ようやくカウントダウンが始まり、今年の*恵方である南の方角を向いて時間ぴったりに火をつける。あちこちで爆竹が鳴り、新年らしい賑やかさになった。キリバットゥ、一緒に食べるトマトのサンバルを作り、お菓子を盛り付け準備は完了。ランチが早かったのでお腹が空いたがここでまた我慢。「食事始めの時間」まで待たねばならない。

 そして20時10分。やはり南を向いて、キリバットゥやお菓子を食べ始める。外では派手に爆竹が鳴っている。クロスケにもひとくちサイズのキリバットゥといつものご飯を持っていく。するとスリヤンガが、「ちゃんとクロスケも南向いて食べてるよ」と言うので、私は大爆笑。確かに! ケージが南向きに作られてるんだから、そう食べるのが当たり前なんだけどね。

 ともかくこうして無事新年を迎えた。
 今年もどうぞ皆さまよろしくお願いします。

*えほう…縁起のよい方角

●スリランカの新年
毎年星占いによって、新年のさまざまな行事を行う時間が決められ、
年によって異なる。4月13日~14日前後。

2008年
4月13日 18:54 かまどに点火
4月13日 20:10 食事初め
4月16日 07:42 頭にオイルをつける
4月17日 06:19 仕事始め
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/253-dc19282a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)