リスの赤ちゃん
 朝、チャミンダマリが来て、入口で手招きをしている。何かと思って行くと、手のひらにリスの赤ちゃんがのっていた。まだ毛も十分生えてなく、目も開いていない本当の赤ちゃん。生後1週間くらいだろうか。

 きっと巣から落ちたのだろう。道端にいたのを拾ったらしい。できればお母さんリスに返そうと、しばらく付近でそれらしいリスを探したが見つからず、とりあえず連れてきたとのこと。

 私の家の敷地内でも、過去2回リスの赤ちゃんが落ちてきたけど、そのときは無事お母さんリスが迎えに来て返すことができた。私はもちろん、リスの赤ちゃんなんて見るのが初めてだったので、どうしていいかわからなかったが、スリランカでは鳥のヒナより、リスの赤ちゃんが落ちてくるほうが頻度が高い。みんな扱いに慣れている。

 人肌に温めたミルクを、オイルランプの芯に使うヒモに浸して口元に持っていくと、チュウチュウと飲む。食欲があれば大丈夫だろう。しばらくチャミンダマリが育てることになった。 

8-3-31リスの赤ちゃん
 まだ目も開かないリスの赤ちゃん
スポンサーサイト


03/31. 00:00 [ 自然 ] CM2. TB0 . TOP ▲
  
コメント

小さな赤ちゃんですね。リスの赤ちゃんを育てるなんて凄い体験ですね。
---------- oki. URL│04/02. 11:51 [ 編集 ] -----

okiさん

今日見たら目も開いて、元気に腕や肩の上を歩けるほど成長していました。ミルクをあげるとおいしそうに飲んで、私の手の上でおしっこまでしました(笑)。本当にかわいいです。我が家は残念ながら、クロスケがいるので飼うことはできませんが…。
---------- Reiko. URL│04/04. 00:04 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/248-2b4a93e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)