スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


助産婦さん来る
 日本のような、出産前のママたちのための「母親学級」というのはないものの、スリランカでは、その地区の助産婦さんが家を訪問していろいろ指導してくれるらしい。その時にもらえる登録書類があると、出生届が簡単に出せると言われたので、さっそく来てもらうようお願いした。

 「助産婦」と聞いて、かなり年配の女性を想像していたが、来たのは30代前半。ぽっちゃりとして笑顔がかわいい。私が通っているドクターのカルテ用紙を見ながら、ときどき質問し、登録書に必要事項を記入していく。

 内容はごくごく簡単で、名前、年齢、住所のほかに、胎児の数、出産予定日、現在の週数、血液型、風疹、破傷風などの抗体についてなど。病院に通っていない人は、担当地区のクリニックに行って血圧や血糖などをチェックするようだが、私は専門のドクターのところに通っているので必要なし。

 あとは、子宮の大きさを測って終わり。「血圧が上がらないように」だけ注意された。スリヤンガは、「お腹が小さすぎるんじゃ…」と聞いていたが、さすが専門家。「背が高いからお腹が目立たないだけで、胎児の成長は順調です」だって。これで、「もっと食べろ」攻撃は少し減るかも。

 日本のように、塩分を控えろとか、体重管理をしっかりなんて、なんにも言われない。ただし、血圧が上がると、早産の時期でも帝王切開をして取り出してしまうことが多いのだとか。なんとか正期産までがんばれるよう体調を管理しておかないと。エクスサイズがんばろう!
スポンサーサイト


  
コメント

順調and 幸せな妊婦さん生活のようで安心しました
Naturalな食生活で きっとお腹の赤ちゃんにもサラサラな
栄養が回っていってることでしょう★★★
何しろ ご主人の愛情が
一番のReikoさんの栄養になってるようで 素晴らしい^0^!!!
---------- マリポッサ. URL│03/05. 17:59 [ 編集 ] -----

マリポッサさん

食べ物に関しては、本当にスリランカは恵まれていると思います。
新鮮な野菜や果物が簡単に手に入りますし、
食事に時間と手間をかけて作っているので、安全でおいしいものが食べられますので。

最初は「腫れ物」にさわるみたいに気を使い、
なんでも手伝ってくれていたスリヤンガですが、
最近慣れてきたせいか、「できることは自分でやって」に変わってきました。
階段の昇り降りもエスコートしてくれてた妊娠初期が懐かしいです(笑)。

---------- Reiko. URL│03/06. 20:57 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/240-ea690dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。