スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


悲しいお葬式
 お葬式に行った。亡くなったのは友人の妹。まだ31歳という若さなので、最初訃報を聞いたときは交通事故かと思った。しかし、肺炎だという。

 風邪だと思って20日に近所のクリニックに行ったところ、念のため血液や尿検査をするように言われた。こういったクリニックは夕方からの診察なので、検査するところに行くのは翌日となる。しかし、翌日の21日はポヤ・デーで運悪くお休み。

 そのまま家で休んでいたら容態が悪化。22日に総合病院に行くとすぐ入院するようにいわれ手続きをすませたが、その1時間後に亡くなったという。肺炎で死ぬなんて、体力のない病人か、もしくは体の弱いお年寄りや子どもに限ると思っていたので、健康な若者が突然亡くなるなんて信じられない思いがする。

 彼女はずっと体の悪い母親の面倒をみていて婚期が遅れてしまい、やっと半年前に結婚したばかり。そして先日、妊娠していることがわかり、とても喜んでいたという。彼女のお兄さんは、「それでも妹は優しいだんなさんと結婚できて、この半年間は本当に幸せだった。それだけでも良かった」と言っていたが、悲しすぎるお葬式だった。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://srilanka.blog88.fc2.com/tb.php/235-0674b5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。